アメリカンフットボールの主な反則一覧


アメリカンフットボールでは、反則が起きるとイエローフラッグと言われる黄色いハンカチが投げ入れられて、審判のジャスチャーと共に反則の名前が呼び上げられ、反則に応じて、陣地の罰退が命じられる。反則をされた側のチームは、その反則を採用するか拒否(ディクライン)するかを選択することができる。

5ヤードの反則10ヤードの反則15ヤードの反則

5ヤードの反則

オフサイド

オフサイド ディフェンス側が、ボールがスナップ前される前に、プレイヤーの体もしくはその一部がスクリメージラインを超えてしまう反則。

参考:オフサイドとは?ディフェンスのフライング

フォルススタート

アメフトのフォルススタート(False Start)とは、オフェンスチームがボールがスナップされる前に動いてしまう反則。

参考:フォルススタートとは?プレイ開始前のオフェンスによる反則

不正なタッチ

パスをキャッチすることが認められていない無資格レシーバー(主にオフェンスライン)がパスにタッチした場合に適用される反則。

参考:アメフトの「無資格レシーバー」とは?ボールをキャッチできない選手に関するルール

無資格レシーバーのダウンフィールドへの侵入

パスをキャッチすることが認められていない無資格レシーバー(主にオフェンスライン)は、パスが投げられるまでははニュートラル ゾーンから3ヤードを越えた位置にいてはならないというルールがある。このルールに反した場合に適用される罰則。

参考:アメフトの「無資格レシーバー」とは?ボールをキャッチできない選手に関するルール

ディレイオブゲーム

前のプレイ終了から40秒以内、もしくはレディーフォープレイの合図から25秒以内にプレイを開始しなかった反則。

イリーガルシフト

2回以上シフトした時の反則。

イリーガルフォーメーション

2人以上がモーションした時の反則。

10ヤードの反則

ホールディング

ディフェンス側が、ボールがスナップ前される前に、プレイヤーの体もしくはその一部がスクリメージラインを超えてしまう反則。

参考:ホールディングとは?相手を掴む行為

インテンショナルグラウンディング

QBがロスから逃れるために、レシーバーがいないところに故意にパスを投げ捨てる反則。

参考:インテンショナルグラウンディングとは?故意な失投に対する反則

トリッピング

故意に相手の足で引っかける反則。

クリッピング

背後からの腰から下に対する危険なブロック反則。

参考:クリッピングとは?危険ブロック

15ヤードの反則

インターフェア

パスプレイでボールが空中にある間に、ボールをキャッチしようとしている選手に対する妨害行為の反則。

参考:パスインターフェアとは?パスキャッチをめぐる攻守のせめぎ合い

ラフィンザパサー

明らかに投げ終えたクオーターバックに対して、ヒットをする反則。

参考:ラフィングザパサーとは?QBに対する必要以上な行為

ラフィンザキッカー

パントやフィールドゴールで明らかにキックを蹴り終えたキッカーに対してヒットする反則。

参考:ラフィングザキッカーとは?キッカーに対する必要以上な行為

アンスポーツマンライクコンダクト

スポーツマンらしくない行為の反則。

参考:アンスポーツマンライクコンダクトとは?スポーツマン精神に対する行為

レバレッジ

ディフェンスの選手が選手を踏み台にして、ボールをブロックしようとする反則。

参考:レバレッジとは?ゴール前の緊迫時に起きるファール

パーソナルファウル

アメフトのパーソナルファウルとは、怪我を招く危険な行為に対して課される反則。

参考:アメフトのパーソナルファウルとは?怪我を招く危険な行為

フェイスマスク

相手のフェイスマスクを掴んむ反則。

アンネセサリーラフネス

「特定のファウルとしては定められていない危険な行為」のすべてを総称して表現される反則。

参考:アメフトのアンネセサリーラフネスとは?不必要な乱暴行為

反則に関して知っておくべきルール