アメフトの反則 – レバレッジとは?ゴール前の緊迫時に起きるファール




レバレッジの意味

アメリカンフットボールの反則であるレバレッジ(Leverage)とは、ディフェンスの選手が、味方もしくは敵の選手の上に立ったり、踏み台にしてジャンプしたりして、キックされたボールをブロックしようとするディフェンスのファールである。フィールドゴールやポイントアフタータッチダウンのキック時に起こりやすい反則である。

アメフト レバレッジ

以下の場合は、反則にならない。

  • ボールがスナップされた際にライン・オブ・スクリメージから1ヤード以内にいる選手は反則の対象にならない
  • ただボールを阻止しようと地面からジャンプして地面に着地する場合は反則にならない

 

レバレッジの反則は15ヤードの罰退

レバレッジは、アンスポーツマンライクコンダクトの一部として位置づけられており、危険なプレイなので15ヤードの罰則が課せられる。




アメフト レバレッジ