アメフトの反則 – クリッピングとは?危険ブロック

SELECTION(セレクション)

クリッピングとは

アメフトのクリッピングとは、相手に対する最初の接触が背後で、かつ腰または腰より下に行うブロックのことを意味する。怪我につながる非常に危険なブロックであるため、15ヤードの罰則が適用される。

また、この罰則に類似したものとして「背後からの危険なブロック」があり、これは背後からの腰より上に対するブロックのことである。「背後からの危険な部ブロック」は、10ヤードの罰則が適用される。

クリッピングの動画

ブロックする際に、背後もしくは真横から腰より下を目がけてブロックしているプレイが確認できる。これが、背後からの危険なブロックとして反則となるのだ。

審判のジェスチャー

クリッピングの審判の合図は、背後から下半身に対するブロックなので、片方の膝を曲げながら手でブロックの方向を指し示す。その後に、反則を行った選手の背番号と罰則内容が宣告される。

クリッピング シグナル

クリッピングの例外

以下のケースではクリッピングの反則にならない。(公式規則より一部抜粋)

  • 1. スナップ時にブロッキング ゾーン内のスクリメージ ライン上に位置 するオフェンスのプレーヤーは,次の条件を満たせばこのブロッキング ゾーン内で正当 にクリッピングを行うことができる。
    • このブロッキング ゾーン内のプレーヤーは,最初の接触が相手の背後から,かつ膝 またはその下になるようなブロックをしてはならない。
    • このブロッキング ゾーン内に位置していたスクリメージ ライン上のプレーヤーは, 一度ゾーンの外に出た後は,ゾーン内に戻ってクリッピングをしてはならない。
    • このブロッキング ゾーンは,ボールがこのゾーンから出ると消滅する。
  • 2. 明らかにブロックをしようと行動を始めたブロッカーに対し,プレーヤーが背中を向けた とき。
  • 3. プレーヤーがランナーを捕えようとしている時,またはファンブル,マフ,バックワード パス, キック,あるいはタッチされたフォワード パスを正当にリカバー,またはキャッチを試み る場合,相手の臀部をプッシングしてもよい。
  • 4. ニュートラル ゾーンの手前にいる有資格プレーヤーが,フォワード パスを捕ろうとして相手の臀部をプッシングしたとき。
  • 5. ランナーに対してのクリッピングは許されている。
アメフト クリッピング

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!