アメフト用語のフォワードパス(前パス)とは?攻撃に欠かせないパスプレイのルール

フォワードパスの意味

アメフトのフォワードパス(Forward Pass)とは、前パスとも呼ばれ、その名の通り前に投げるパスのことを意味する。公式規定では、「フォワード パスとは,ボールがグラウンド,プレーヤー,審判員,またはその他のものに最初に当たった地点が,パサーの手をはなれた地点より前方のものをいう」と定義されている。

アメフトパス

フォワードパスのルール

フォワードパス(通常のパス)にはいくつか注意点がある。

  • ボールを投げる選手はスクリメージラインよりも後ろにいないといけない
  • ボールの有資格者しか捕球できない
  • 一回の攻撃で一回しか行ってはいけない
  • オフェンスラインはスクリメージラインから1ヤード以上離れられない




アメフト フォワードパス