アメフト用語の意味 – ストロングサイドとウィークサイドとは?オフェンスの攻めパターン

SELECTION(セレクション)

アメフトのオフェンスには、ストロングサイドとウィークサイドがあり、プレイによってどちらのサイドをつかって攻めるか検討する。それぞれの意味ついて説明する。

ストロングサイドとウィークサイドの図

ストロングサイド

オフェンスのフォーメーションで、人数が多い方がストロングサイドと呼ばれる。タイトエンドがいるサイドがストロングだと覚えておくとわかりやすい。

ウィークサイド

オフェンスのフォーメーションで、人数が少ない方がストロングサイドと呼ばれる。ストロングサイドのプレイが多い一方で、意表を突いて攻めたり、ウィークサイドからリバースプレイでストロングサイドに攻めたりと、攻撃のバリエーションを増やすことができる。

アメフト ノーハドル

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!