大学アメフトのランキング発表!アメフト強豪大学は一体どのチーム?(2019年更新)

オススメ情報

  • 大学日本一を決める甲子園ボウルの試合結果は、早稲田大学 20 vs 37 関西学院大学で、関西学院大学に決定!
  • 2019年1月3日のライスボウルでは、富士通フロンティアーズ 52 vs 17 関西学院大学ファイターズで、富士通が日本一に決定!

アメリカンフットボールが盛んな大学リーグ。日本全国にある大学の部活のなかで強いアメフト部をみつけるためにランキングを発表。過去の試合結果を集計してさまざまな切り口で順位をお伝えしていく。

日本全国の優勝校は関西学院大学(2018年)

甲子園ボウルの結果

出典:koshienbowl.jp

日本全国優勝を決める甲子園ボウルまでの対戦トーナメントの結果をもとに、2018年の大学ランキングを発表。甲子園ボウルでは、関西学院大学と早稲田大学が頂上決戦を行い、関西学院大学が37-20で早稲田大学に勝利して日本一に輝いた。

 

関西の大学ランキングTop5(2018年)

51チームが所属しており多くの強豪が集う関西は、独自のランキングで強い大学をピックアップ。名だたるチームがランクイン。

関西大学ランキング
  • 1位 関西学院大学
  • 2位 立命館大学
  • 3位 関西大学
  • 4位 近畿大学
  • 5位 神戸大学
  • 6位 京都大学
  • 7位 龍谷大学
  • 8位 甲南大学

(参照元:関西アメリカンフットボールリーグ

関東の大学ランキングTop5(2018年)

6つのリーグ82チームが所属している関東は、もっとも所属チームが多い。この中でトップ5に入るのは至難の技。この中から勝ち抜いたチームをランキング。

関東大学ランキング
  • 1位 早稲田大学
  • 2位 明治大学
  • 3位 法政大学
  • 4位 立教大学
  • 5位 慶應義塾大学
  • 6位 中央大学
  • 7位 日本体育大学
  • 8位 なし

(参照元:関東アメリカンフットボールリーグ

歴代ランキングTOP10

日本一を決める頂上決戦である甲子園ボウルの過去73回の出場回数をもとに集計した結果をランキング形式で発表。

関西学院大学が圧巻の強さを誇り、堂々の一位にランクイン。過去には、33回の連続出場記録をマークし、歴代最多優勝数25回を誇っている。関東では、日本大学が歴史的に強さを誇っており、次いで法政大学がランクイン。

  • 1位 関西学院大学 (48回)
  • 2位 日本大学 (34回)
  • 3位 法政大学( 16回)
  • 4位 立命館大学( 9回)
  • 5位 京都大学( 8回)
  • 6位 立教大学( 6回)
  • 7位 明治大学( 5回)
  • 8位 慶應義塾大学(4回)
  • 9位 早稲田大学(3回)
  • 10位 関西大学 (3回)

*大学名の括弧内は、出場回数(甲子園ボウルの公式ページの過去73回試合のデータに基づき集計)

2018年の甲子園ボウル

2018年の甲子園ボウル

2018年の試合結果(関東・関西)

関東アメフトリーグ

詳細情報は関東大学アメフトの公式サイトをご参照ください。

関西アメフトリーグ

詳細情報は関西大学アメフトの公式サイトをご参照ください。

甲子園ボウル2019の優勝