【アメフト早慶戦】早稲田と慶應どっちが強い?過去の試合結果に基づき徹底解説

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールでも慶應大学と早稲田大学は熱い戦いが繰り広げられており、早慶戦として毎試合白熱している。早稲田大学BIG BEARS(ビッグベアーズ)と慶應義塾大学UNICORNS(ユニコーンズ)の過去の歴史にもとづいて、早慶アメフトのどちらが強いのかを調査!

アメフト 早慶戦

秋のリーグ戦の結果一覧

  • 2000年 早稲田大学(1部Aブロック)- 慶應義塾大学(1部Aブロック)
  • 2001年 早稲田大学 23 – 慶應義塾大学 21
  • 2002年 早稲田大学 31 – 慶應義塾大学 0
  • 2003年 早稲田大学 36 – 慶應義塾大学 21
  • 2004年 早稲田大学(1部Aブロック) – 慶應義塾大学(1部Bブロック)
  • 2005年 早稲田大学(1部Aブロック) – 慶應義塾大学(1部Bブロック)
  • 2006年 早稲田大学(1部Bブロック) – 慶應義塾大学(1部Aブロック)
  • 2007年 早稲田大学(1部Aブロック) – 慶應義塾大学(1部Bブロック)
  • 2008年 早稲田大学 34 – 慶應義塾大学 12
  • 2009年 早稲田大学(1部Bブロック) – 慶應義塾大学(1部Aブロック)
  • 2010年 早稲田大学(1部Bブロック) – 慶應義塾大学(1部Aブロック)
  • 2011年 早稲田大学(1部Aブロック) – 慶應義塾大学(1部Bブロック)
  • 2012年 早稲田大学 23 – 慶應義塾大学 14
  • 2013年 早稲田大学(1部Aブロック) – 慶應義塾大学(1部Bブロック)
  • 2014年 早稲田大学 24 – 慶應義塾大学 31
  • 2015年 早稲田大学 14 – 慶應義塾大学 48
  • 2016年 早稲田大学 14 – 慶應義塾大学 21
  • 直近の試合結果(外部サイト)

ブロックとしては、1部Aブロックがもっとも強いブロックであり、次いで1部Bブロック、その次に2部Aブロックというブロック分けがされている。前年のリーグ戦にもとづいてブロック分けが決定されるため、慶應と早稲田が別ブロックになると直接対決は行われない。

アメフト早慶戦のまとめ

過去の試合結果を踏まえると秋のリーグ戦における直接対決では、合計8回あり早稲田が5回、慶應が3回勝利している。過去は、早稲田の方が強い傾向にあったが、直近の数年では、慶應のユニコーンズが早稲田のビッグベアーズを制することが多くなってきている。今後も、アメフトの早慶戦に注目だ。

参考:最新のアメフト早慶戦情報

アメフトの早慶戦

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!