アメフト初観戦の方必見!アメフト楽しみ方は「オレンジ色の目玉」に注目するだけ

SELECTION(セレクション)

アメフトは複雑なスポーツと思っている方に朗報!実は、アメフトは非常にシンプルな陣取り合戦。試合中にフィールドの両脇にある「オレンジ色の目玉」に注目するだけで試合の進行と全容をすべて把握することができる。

アメフト 目玉

 

オレンジの目玉の意味

オレンジ色の目玉とは、アメフトの試合のフィールド両端に立っている旗のことである。「4回の攻撃で10ヤード以上進まないと攻守交代」になるアメフトにおいて、試合進行を選手や観客が把握できるようにするために立てられている。

アメフト 目玉

目玉の旗は2つ用意されており、一つはプレイ開始地点(ファーストダウン開始地点)、もう一つは10ヤード先の地点(新しいファーストダウン獲得地点)を意味する。その間を数字の旗が移動し、4回ある攻撃のうち「何回目の攻撃か」を示している。

目玉の間をプレイの回数に応じて数字が移動

オフェンスの始めのプレイは、オレンジの目玉の地点から開始される。そのため、数字の旗「1」もオレンジの目玉に重なるようにして立てられている。これをファーストダウンと呼ぶ。

ファーストダウン

一回目の攻撃で半分の5ヤードを進めたとしよう。その場合、ファーストダウンからセカンドダウンとなり、数字は「1➔2」に変わって5ヤード進む。

セカンドダウン

このようにプレイは進んでいき、オフェンスはできる限りボールを前に前進させて10ヤードを超えてゴールラインを目指すのだ。

4回の攻撃以内に目玉の間を超えれない場合

4回以内の攻撃で、目玉の間の10ヤードを超えることできなかったら、「攻守交代」になってしまう。そのため、4回目の攻撃で「10ヤードを超えられない」と判断した場合は、パントと呼ばれるプレイで攻撃権を放棄しながら陣地の挽回を行う。

4回の攻撃以内に目玉の間を超えられた場合

4回以内の攻撃で、目玉の間の10ヤードを超えることができたら、「新しいファーストダウン」を獲得でき、「新しい1回目の攻撃権と次の10ヤード」が付与される。これをフレッシュと呼び、攻撃を繰り返しながらタッチダウンを目指すのだ。

アメフト ヤードチェーン オレンジ目玉

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!