アメフト用語の意味 – パントとは?攻撃権を放棄した陣地回復

SELECTION(セレクション)

パントの意味

アメフトのパント(Punt)とは、4回の攻撃以内に10ヤードを超えられないと判断した場合、4回めの攻撃権を放棄してキックをして陣地の挽回をすることを意味する。

アメフト パント

パントが利用されるシーン

4回めの攻撃を失敗して攻守交代となったときに、相手に有利な陣地となる場合にパントは利用される。たとえば、自陣の攻撃の時(エンドゾーンまで遠い)、3回めのを終えて5ヤード残っていたとしよう。この場合、4回めの攻撃で5ヤード以上獲得をしないといけない。もし、失敗すると自陣から相手の攻撃となってしまうので、タッチダウンをされてしまう可能性が高くなってしまう。

それを避けるために、4回めの攻撃でプレイをせずに、パントというキックをおこなって、相手の陣地の奥までボールを蹴り込む。相手のリターンをできるだけ奥で阻止することができたら、余裕をもって次のディフェンスをすることができるのだ。

アメフト パント

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!