アメフトのセーフティとは?セイフティの意味とルールを解説

SELECTION(セレクション)

セーフティの意味

アメフトのセーフティ(セイフティ, Safety)とは、オフェンス側が自陣のエンドゾーン内でタックルされてしまうことを意味する。セーフティになるとディフェンス側に2点がはいる。

セーフティ gif

参考:NFLの試合におけるセーフティの動画(YouTube)

セーフティになる場面

  • 不成功となったフォワード パスの場合を除きボールがゴール ラインの後方でアウト オブ バウンズとなった場合
  • ボールがゴール ライン上、その上空、または後方でそのエンド ゾーンを守っているチームのプレーヤーの確保下でデッドとなった場合
  • 公式規則によりデッドとなった場合で、このボールのゴール ラインを越えさせた責任が、そのエンド ゾーンを守っているチームにあったとき
    疑わしい場合は、セイフティではなくタッチバックである。
  • 罰則を受諾した結果、ボールの位置が反則を犯したチームのゴール ライン上またはその 後方となった場合。(一部例外あり)

セーフティのルール

セーフティとなるとディフェンスに2点が入る

オフェンスが自陣のゴールゾーンでタックルされると、その時点でディフェンスに2点が入る。

セーフティ後は、キックオフで仕切り直し

セーフティで得点が2点入ると、その後はキックオフでゲームが仕切り直される。

セーフティ後のキックオフはオフェンス側

キックオフ時は、オフェンス側がキック・ディフェンス側がレシーブとなる。オフェンス側は、2点奪われたのにもかかわらず、キック側となるので大きな損失となる。

セーフティ後のキックは20ヤード地点

通常のキックオフは自陣35ヤードからキックされるが、セーフティ後のキックオフは自陣20ヤードからのキックとなる。キック側からすると、より遠くにボールを飛ばさないといけない状況となるため、セーフティによるデメリットは非常に大きい。

アメフト セーフティ

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!