アメフトのタッチバックとは?エンドゾーンまで蹴り込まれるキック




タッチバックの意味

タッチバック(Touch Back)とは、キックオフパントで蹴られたボールが誰も触れないままエンドゾーンに入る、もしくはリターナーがエンドゾーン内でキックされたボールをキャッチしてニーダウンすることを意味する。タッチバックとなると、レシーブ側のチームは自陣の20ヤードの地点からオフェンスを開始することになる。(NFLの場合は、25ヤード地点からオフェンスを開始)

アメフト キックのシーン

タッチバックになる場合は、公式規則では以下のように定められている。

不成功となったフォワード パスの場合を除きボールがゴール ラインの後方でアウト オ ブ バウンズとなった場合,あるいはボールがゴール ライン上,その上空,または後方で,そのエンド ゾーンを守っているチームのプレーヤーの確保下でデッドとなった場合で,こ のボールのゴール ラインを越えさせた責任が,そのエンド ゾーンを攻撃しているチーム にあったとき。

キックがディフェンス チームのゴール ラインの後方で公式規則によってデッドとなり,こ のボールのゴール ラインを越えさせた責任が,そのエンド ゾーンを攻撃しているチーム にあったとき。

タッチバックの注意点

エンドゾーン内でボールがバウンドしたら即タッチバック

リターンする意思があっても、エンドゾーン内でボールが着地した時点でタッチバックとなる。そのボールをもってリターンしても認められないため、リターンの意思がある場合、エンドゾーンの手前でキャッチするか、エンドゾーン内であればノーバウンドでキャッチしよう。なお、エンドゾーン内でリターナーがノーバウンドでボールをキャッチした場合は、リターンをすることができる。

エンドゾーン内でリターンの意思を示した後にニーダウンしたらセーフティ

エンドゾーン内でボールを捕球して、リターンする意思をしめした後にエンドゾーン内でニーダウンをするとセーフティと判断される。この場合、ディフェンスに2点が入り、攻守交代となってしまうので、注意が必要だ。以下の動画は、タッチバックかセーフティか非常にきわどいプレイの事例である。この動画は、リターンの意思があったと判断されてセーフティとなっている。

 




アメフト タッチバック