アメフトのキックオフとは?キックオフの意味とルールを徹底解説

キックオフの意味

アメフトのキックオフとは、試合開始もしくは再開する際に行うフリーキックのことである。キックする側が守備、キックをレシーブする側が攻撃となる。キック側は自陣30ヤード(NFLは35ヤード)に横一線に並び、敵陣奥深くまでボールを蹴りこむ。ボールをレシーブした攻撃側は、敵陣のエンドゾーンを目指して走り、タックルされた時点から、オフェンスが開始される。

アメフト キックオフ

公式規則のルール

キックオフとは,前後半の開始時,トライの後およびフィールド ゴールの後に行われるフリー キ
ックのことである。キックオフは,プレース キックまたはドロップ キックによって行われなければならない。(公式規則より一部抜粋)

プレース キック

プレース キックとは,ボールを確保しているチームのプレーヤーが,ティーま たはグラウンド上に置かれているボールを蹴るキックのことである。ボールは,味方によって保持されていてもよい。ボールをグラウンド上に置き,ティーに接触した状態であってもよい。 ティーとは,キッキングの目的でボールを持ち上げるものである。ティーは,ボールの最下端がグラウンドから1インチ(25mm)より離れてはならない。

ドロップ キック

ドロップ キック ドロップ キックとは,プレーヤーがボールを落下させ,そのボールがグラウンドに触れた直後に 蹴るキックのことである。

 

キックオフが行われるタイミング

キックオフが行われるのは、以下の3つのいずれかのタイミングである。

キックしたボールがエンドゾーンに入った場合

キックしたボールがエンドゾーンを割った場合はタッチバックとなり、レシーブ側のチームは自陣の20ヤードの地点からオフェンスを開始することになる。(NFLの場合は、25ヤード地点からオフェンスを開始)

キックしたボールがサイドラインから出た場合

キックオフでキックをしたボールがサイドラインを割ってアウトオブバウンズになった場合は、レシーブチームに3つの選択肢が与えられる。

  • キックチームに5ヤード下がって蹴り直しをさせる
  • 自陣の35ヤード時点からオフェンスを開始する
  • アウト・オブ・バウンズしたところからオフェンスを開始する

レシーブチームは3つのうち、どれか一つを選択してオフェンスに移る。

アメフト キックオフ