アメフト用語の意味 – ニュートラルゾーンとは?オフェンスとディフェンスの中立地帯




ニュートラルゾーンの意味

アメフトのニュートラルゾーン(Neutral Zone)とは、スクリメージ上のおフェントとディフェンスを分ける線上の空間を意味する。

アメフト ニュートラルゾーン

公式規定で定められている定義

  • ニュートラル ゾーンとは,サイドラインまで延長された2本のスクリメージ ライン間の空間 のことである。その幅はボールの長軸の長さである。
  • ボールの長軸がスクリメージ ラインに直角でサイドラインに平行にグラウンド上に置かれ, ボールがレディフォー プレーになった時に,ニュートラル ゾーンが形成される。
  • ニュートラル ゾーンは,チーム確保の変更まで,スクリメージ キックがニュートラル ゾーン を越えるまで,またはボールがデッドを宣告されるまで存在する。

(公式規則より一部抜粋)

ニュートラルゾーンに侵入すると反則5ヤード

プレイが始まるまでは、このニュートラルゾーンを侵害してはいけない。もし、プレイが始まる前に、いずれかのチームがニュートラルゾーンにはいったら、5ヤードの罰則が与えられる。

  • ディフェンス側の反則:オフサイド
  • オフェンス側の反則:エンクローチメント




アメフト ニュートラルゾーン