アメフトの反則 – オフサイドとは?ディフェンスのフライング

SELECTION(セレクション)

オフサイドの意味

オフサイドとは、ディフェンス側が、ボールがスナップ前される前に、プレイヤーの体もしくはその一部がスクリメージラインを超えてしまう反則を意味する。オフサイドが起きるとディフェンスに対して、5ヤードの罰退が与えられる。

公式規定のルール

オフサイドは,ボールがレディ フォー プレーとなった後,ディフェンスのプレーヤーが,次のい ずれかの状態になった時に発生する。

  • ボールが正当にスナップされた時にニュートラル ゾーン内に入っているか,または越えて いる。
  • ボールがスナップされる前に,ニュートラル ゾーンを越えた位置で相手のプレーヤーと 接触する。
  • スナップの前にボールに触れる。
  • ボールがスナップされる前にオフェンスのラインマンを脅かし,反射的な動きを誘発する。
  • ニュートラル ゾーンを越えAチームのバックに突進する。
  • ボールが正当にフリー キックされた時に制限線の手前にいない。 正当なフリー キックがなされた時にキック チームの1人以上のプレーヤーが自己の制限線の後 方に位置していないとき,オフサイドが発生する。(例外:キッカーやホルダーは,制限線を越 えていてもオフサイドではない。)

オフサイドの動画

こちらの動画では、明らかにディフェンスの選手がボールがスナップされる前にスクリメージラインを超えて飛び出してきていることがわかる。

審判のジェスチャー

オフサイドが発生すると、審判は両手を腰にあてて、オフサイドを行った選手の背番号とチームに対する罰則を宣告する。

アメフト反則 オフサイドのシグナル
アメフト オフサイド

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!