ブラインド サイド ブロックとは?視界の外からの危険なブロックによる反則

ブラインドサイドブロック

ブラインド サイド ブロックとは

ブラインド サイド ブロックとは、オープンフィールドで相手の視界の外側から開始したブロックあるいは、自分を守ることができない状態の相手に対するブロックを意味する。

ブラインド サイド ブロックは強力な接触をして相手を痛めつける反則行為として定義され、パーソナルファウルとして反則チームに15ヤードの罰則が与えられる。

ブラインド サイド ブロックの例外

オープンフィールド以外でのブロック

ブラインド サイド ブロックとして反則になるのは、オープンフィールドでのブロックに限定されています。つまり、オープンフィールド以外、例えばLOS付近の選手が密集した中央エリアでのブロック(例えばガードからディフェンスエンドへのキックアウト)はブラインド サイド ブロックの適用対象にはなりません。

ボールキャリア・キャッチを試みているプレーヤーに対するブロック

ボールをもっているランナーやキャッチを試みているプレーヤーに対するブロックはブラインド サイド ブロックの反則として適用外です。

ブラインド サイド ブロックが発生しやすいシーン

ブラインド サイド ブロックが発生しやすいシーンとしては、以下のような例が挙げられます。

  • キックオフやパントのとき
  • ボールキャリアが走る方向を大幅に変えた後
  • レシーバーがアウトサイドのパスキャッチをした後
ブラインドサイトブロック