アメフトのオートマチックファーストダウンの意味と適用シーン

SELECTION(セレクション)

オートマチックファーストダウンの意味

オートマチックファーストダウン(自動的なファーストダウン)とは、オフェンスのプレイでファーストダウンの獲得に至っていないのにもかからわず、自動的にファーストダウンが与えられることである。

ディフェンスチームが反則をした際に適用される罰則の一つで、ファーストダウンに達していなくてもオフェンスチームにファーストダウンが与えられることを意味する。

オートマチックファーストダウン

通常は、陣地の後退のみが罰則として適用されるが、ディフェンスの反則の度合いに応じて、オートマチックファーストダウンが適用されるのだ。

例えば、ディフェンスがパスインターフェアランスの罰則を行ってしまったとしよう。(パスインターフェアランスは、15ヤードの罰退とオートマチックファーストダウンが適用されるディフェンスの反則である。)この場合、パスが失敗していてゲインがなくても、ディフェンスの罰則によって、15ヤードの獲得とファーストダウンが与えられるのである。

オートマチックファーストダウンの適用例

ファーストダウンまで残り5ヤードでパスインターフェアランスが発生した場合

オフェンスは、パスインターフェアランスの罰退15ヤード進み、新たにファーストダウンが付与される。

ファーストダウンまで残り25ヤードでパスインターフェアランスが発生した場合

QBサックなどで大きく後退し、ファーストダウン更新までロングゲインが必要な場合がある。そんなとき、ディフェンスのパスインターフェアランスが発生すると罰退の15ヤードだけ進むことになる。25ヤード残っていて15ヤードの罰退であれば、本来はファーストダウン更新まで10ヤード残っていることとなる。しかし、パスインターフェアランスの罰則は、オートマチックファーストダウンも含まれているため、物理的にファーストダウンは更新していなくても、ファーストダウンが適用されるのだ。

オートマチックファーストダウンが適用されるシーン

以下は、公式規則に記載されているオートマチックファーストダウン(自動的な第1ダウン)が適用されるディフェンスの反則一覧である。

  • パス インターフェランス
  • 相手を打つこと
  • トリッピング
  • ターゲティング、ヘルメットの頂点での接触
  • ターゲティング、無防備なプレーヤーの首または頭部への接触
  • クリッピング
  • 腰より下へのブロック
  • レイトヒット、アウト オブ バウンズでの行為
  • ヘルメットとフェイスマスクの反則
  • ラフィング ザ パサー
  • チョップ ブロック
  • 踏みつけること
  • リーピング
  • プレーから離れた相手への反則
  • ハードリング
  • スナッパーに対する不正な接触
  • ホース カラー タックル
  • ラフィング ザ キッカー,ホルダー
  • スポーツマンらしからぬ行為
  • 不正なクリーツ
  • 有資格レシーバーに対する不正な接触
  • 暴力行為(資格没収)
アメフト オートマチックファーストダウン

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!