アメフトの反則 – インテンショナルグラウンディングとは?故意な失投に対する反則

SELECTION(セレクション)

インテンショナルグラウンディングとは

インテンショナルグラウンディング(Intentional Grounding)とは、QBがロスから逃れるために、レシーバーがいないところに故意にパスを投げ捨てることを意味する。反則すると10ヤードの罰退となる。

アメフト インテンショナルグランディング

インテンショナルグラウンディングの例

  • ディフェンスのプレッシャーがある中で、QBが慌てて、ドロップバックした位置で、攻撃選手がいないところに投げた場合
  • ディフェンスのプレッシャーがある中で、QBが横に流れて、攻撃選手がおらず、ライン・オブ・スクリメージを越えないパスを投げた場合

パサー(QB)が、スナップ前の両タックルがいた位置より外側に移動し、ライン・オブ・スクリメージを越えるパスを投げた場合、反則としません。

インテンショナルグラウンディングの例外

ただし、インテンショナルグラウンディングとは判定されない例外がある。

  • スナップ直後、時間を止めることを目的としてスパイクした場合
  • ディフェンスのプレッシャーがない中でレシーバーがいないところにボールを投げた場合
  • QBがスナップ前の両タックルがいた位置より外側に移動し、ライン・オブ・スクリメージを越えるパスを投げた場合(この場合、ディフェンスのプレッシャーがあっても反則とならに)

インテンショナルグラウンディングの動画

こちらの動画では、実際にファールになるパターンとならないパターンに別れて実際の試合のプレイが紹介されている。

  • 0:17~ プレッシャーがある中で意図的に投げ捨てているためファール
  • 0:37~ プレッシャーがない中で投げ捨てているためファールでない
  • 1:00~ QBがタックルがいた位置より外側に出て投げ捨てているためファールではない

審判のジェスチャー

インテンショナルグラウンディングが発生すると、審判は両手を右下に向けて下ろす合図をする。合図のあとに反則した選手の背番号とチームに対する罰則を宣告する。

アメフト反則 インテンショナルグラウンディングのシグナル
アメフト インテンショナルグランディング

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!