アメフトの反則 – ラフィングザキッカーとは?キッカーに対する必要以上な行為

ハドルマガジンのバナー

アメフトは、当たりの激しいスポーツだが必要以上のヒットは罰則となる。その中に、ラフィングザキッカー(Roughing The Kicker)があるので、こちらを紹介する。

ラフィングザキッカーの意味

ラフィングザキッカーとは、パントフィールドゴールで明らかにキックを蹴り終えたキッカーに対してヒットする反則の意味である。危険行為として、ディフェンス側に15ヤードの罰則が与えられる。

 

ラフィングザキッカーの動画

こちらの動画では、いくつかのラフィングザパサーの実際の例がご覧いただける。

 

審判のジェスチャー

ラフィングザキッカーが発生した際の審判の合図は、以下のようにキッカーに対するファウルであることを明確にするようにジェスチャーが行われる。

アメフト反則 ラフィングザキッカーのシグナル

 

ハドルマガジンのバナー
アメフト ラフィングザキッカー