アメフトの「無資格レシーバー(無資格捕球者)」とは?パスキャッチに関するルールを紹介

SELECTION(セレクション)

アメフトは、ラグビーと異なり前にボールを投げてパスすることが認められている。しかし、その中でも誰でもボールをキャッチすることができるわけでなくポジションごとに「有資格レシーバー」と「無資格レシーバー」に分かれているのだ。そんな無資格レシーバーについて徹底解説。

無資格レシーバー

無資格レシーバーとは

QBが前に投げたボールをキャッチすることが許されているポジションの選手を「有資格レシーバー」、許されていないポジションの選手を「無資格レシーバー」と呼ぶ。

基本的にオフェンスラインが無資格レシーバーであり、ディフェンスの選手は全員が「有資格レシーバー」である。

無資格レシーバーのポジション

以下はオフェンスのフォーメーションである。赤字で記載されている最前列のラインマンのうち、両端(エンド)の選手を除く内側の選手が無資格レシーバーである。(NFLでは、QBも無資格レシーバーと定義されている)

無資格レシーバーのフォーメーション

無資格レシーバーの背番号

無資格レシーバーの選手の背番号は、50 – 79番と決められている。この背番号のオフェンスの選手は、QBからハンドオフを受けたり、パスを受けたりすることが禁止されている。

 

無資格レシーバーへパスした場合

フォワードパス(前パス)を無資格レシーバーが触れた場合は、不正なタッチとして5ヤードの罰退が適用される。審判のジェスチャーは以下の通りだ。プレビアス スポットから5ヤードの罰則。

不正なタッチの審判ジェスチャー

 

無資格レシーバーのダウンフィールドへ侵入した場合

無資格レシーバーがダウンフィールドに出た場合、「無資格レシーバーのダウンフィールドへの侵入」という反則が適用されてプレビアス スポットから5ヤードの罰則となる。具体的なルールとしては、パスが投げられるまでは無資格レシーバー(オフェンスライン)はニュートラル ゾーンから3ヤードを越えた位置にいてはならない。ルールの背景としては、QBをプロテクションするはずのオフェンスラインが前にでるとランプレーであると勘違いし、守備側が不利になってしまうためである。

審判のジェスチャーは以下の通りである。

無資格レシーバーのダウンフィールドへ侵入の審判のジェスチャー

 

無資格レシーバーが有資格レシーバーになる場合

フォワードパスがディフェンスの選手もしくは審判員に触れた時点で、すべての選手が有資格レシーバーになる。例えば、QBが投げたボールがディフェンスラインの手に触れてカットされた場合、その時に空中に浮いているボールはオフェンスライン(もともと無資格レシーバーだった選手)がキャッチしてもOKなのだ。

NFL特有の無資格レシーバーに関するルール

 

QBも無資格レシーバー

NFLでは、オフェンスラインに加えてQBも無資格レシーバーと定義されている。例えば、ランニングバックがダイレクトスナップを受けて前パスをする場合、QBはボールを受け取ることができないのだ。

ダウンフィールドへ1ヤード以上侵入したら反則

通常のルールでは、無資格レシーバー(オフェンスライン)はニュートラル ゾーンから3ヤードを越えた位置にいてはならないというものだが、NFLの場合は無資格レシーバー(オフェンスライン)がニュートラル ゾーンから1ヤードを越えた位置にいてはならない。

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!