アメフトのアンネセサリーラフネスとは?不必要な乱暴行為

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールの試合でよく耳にするアンネセサリーラフネス(不必要な乱暴行為)とはどのような反則なのだろうか。試合中の乱暴行為は重たい罰則が課されるため、正しいルールを把握して試合を楽しめるようにしましょう。

アンネセサリーラフネスの意味

アンネセサリーラフネス(Unnecessary Roughness)とは、不必要な乱暴行為の意味であり、「特定のファウルとしては定められていない危険な行為」のすべてを総称して表現される。つまり、危険な行為の反則の一種である「フェイスマスク」や「レイトヒット」などでは定義されていない乱暴行為を指すのである。

アンネセサリーラフネスの罰則とシグナル

罰則

反則を犯したチームは、ボールデッドの位置から15ヤードの罰則が科せられる。ディフェンス側がパーソナルファウルを行った場合、オフェンス側に15ヤードの罰則とともに自動的にファーストダウン(オートマチックファーストダウン)が与えられる。

審判のシグナル

審判は「頭上で手首を叩く」ジェスチャーをして「アンネセサリーラフネス」の存在を知らせる。これは、パーソナルファウルと同じシグナルである。

パーソナルファウルのシグナル

アンネセサリーラフネスとパーソナルファールの違い

アンネセサリーラフネスは狭義であり、パーソナルファウルは広義である。パーソナルファウルの中にアンネセサリーラフネスが含まれているのだ。

参考:アメフトのパーソナルファウルとは?怪我を招く危険な行為

アンネセサリーラフネスとパーソナルファウルの違いパーソナルファウルは、危険な行為であるレイトヒット、フェイスマスクなどを包括した表現であり、アンネセサリーラフネスは「特定のファウルとしては定められていない危険な行為」のすべてを総称して表現される。

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!