40ヤード走(40ヤードダッシュ)とは!?瞬発力とスピードを測る指標

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールで選手のスピードを測る際に用いられる40ヤード走。日本のアメフト界でも有名な種目の一つですが、日本で最も知られている50m走と若干混乱しがちなところがある。40ヤード走について知って得する情報を徹底解説。

40ヤード走とは

40ヤード走とは、40ヤードを全力で走りそのタイムを計測する種目である。よくアメフトで用いられ、選手の身体能力を測るために使われる指標である。

40ヤード走るの動画

こちらはアメフトのプロリーグであるNFLのプロテストの様子。

40ヤード走

40ヤードは何メートルか

40ヤードは、約36.5メートルである。1ヤードは0.9144mであり、成人男性の一歩幅に相当する。

50m走に換算する方法

50m走のタイム → 40ヤード走のタイム

50m走のタイム × 0.73 = 40ヤード走のタイム

*加速度を踏まえると実際の40ヤード走のタイムは少し遅くなることがあります。

40ヤード走のタイム → 50m走のタイム

40ヤード走のタイム × 1.36 = 50m走のタイム

*加速度を踏まえると実際の50m走のタイムが少し早くなることがあります。

なぜ40ヤード走なのか

「50m走ではなくて、なぜ40ヤード走なのか」という疑問が浮かぶ。この理由には、アメリカでは、メートルよりもヤードの単位の方が主流であることを前提とした「アメフト特有の視点」が存在する。実は、アメフトでは足の速さよりも瞬発力を重視する傾向にあるのだ。そのため、「どれほどの初速度で、どれほど早くトップスピードにもっていけるのか」というのを計測するために40ヤードという長さが定義されていると考えられる。

アメフトのポジション別の記録

NFL選手のポジション別の40ヤード走の平均記録(秒)がグラフになっている。1位コーナーバック(CB)4.47秒、2位ワイドレシーバー(WR)4.49秒、3位ランニングバック(RB)4.53秒となっており上位はバックスが占めていることが分かる。→ポジションの略称

NFL40ヤード走の記録

 

NFL選手の世界最速記録

公式記録として歴代でもっとも速い40ヤード走の記録は、2017年にジョン・ロス(John Ross)が記録した4.22秒である。ジョンのポジションは、ワイドレシーバー(WR)であり、所属チームはシンシナティ・ベンガルズだ。

  • 身長180 cm
  • 体重86 kg
ジョン・ロス

出典:seattletimes.com

40ヤード走の目安

高校生の平均タイム

アメリカの高校アメフトの選手40ヤード走の平均は「4.9 – 5.6秒」である。ポジションを分けずに出した全体の平均値である。日本の高校生もバックスであれば4.6 – 4.9秒、ラインであれば5.3 – 5.8秒くらいを目安にすると良いだろう。

大学生の平均タイム

アメリカの大学アメフトの選手40ヤード走の平均は「4.6 – 4.9秒」である。ポジションを分けずに出した全体の平均値である。日本の大学生はバックスであれば4.4 – 4.7秒、ラインであれば4.7 – 5.3秒くらいを目安にすると良いだろう。

40ヤード走を速く走るコツとトレーニング

40ヤード走のコツ

40ヤード走は、足の速さを単純に測るだけではなく、「爆発的なスタートダッシュ」と「どれだけ早くトップスピードを出せるか」という点がポイントとなる。通常のアメフトのプロ選手は、10ヤード、20ヤード、40ヤード地点で、それぞれのスピードを計測して分析しているのだ。そのため、40ヤード走の記録のみを意識するのではなく、細分化した中間目標を立てて、それに向けてトレーニングすることがオススメだ。

40ヤード走のトレーニング

先述の通り、40ヤード走のコツは、「爆発的なスタートダッシュ」と「どれだけ早くトップスピードを出せるか」である。そのために重要となってくるトレーニングが、アジリティトレーニングだ。自分の身体全体の体幹を細かく鍛えて、脚力の俊敏性を高めることが重要だ。

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!