ランニングバックのパスキャッチ!試合で使えるRBのパスコース4選

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールで走るスペシャリストであるランニングバック。そんなランニングバックもパスをキャッチすることがルール上認められている。そのため、オフェンスの戦略としてランニングバックを活かしたパスプレイが存在するのだ。アメフトファンなら知っておくべき4つのRBパスルートをご紹介。

スクリーンパス(Screen Pass)

スクリーンパスは、オフェンスラインの壁をスクリーンにみたてて名付けられたショートパスのことを意味する。オフェンスラインの選手は意図的にディフェンスの選手をブロックせずにQBにタックルにいかせるのだ。QBに向かうディフェンス選手の背後にランニングバックが抜け出してパスをキャッチする。残っているオフェンスラインの選手がランニングバックのリードブロッカーとなってロングゲインをすることができる。

スクリーンパス

上の例は、プレイアクションからのスクリーンパスの展開であるが、通常のパスプレイと見せかけてからのスクリーンパスの展開もある。オフェンスの戦術に応じて、スクリーンパスを上手く活用しましょう。

 

ショベルパス(Shovel Pass)

ショベルパスは、スクリーンパスと類似している。QBが意図的にディフェンスの選手を引きつけて、スクリメージ付近にいるランニングバックにトスやピッチでパスを投げる。ディフェンス選手はQBに向けっているため、ランニングバックの後ろにディフェンス選手、ランニングバックの前にオフェンス選手がいるため、ロングゲインが期待できる。

ショベルパス

ドロープレイと類似しているが、異なる点としては、ドローはハンドオフするのに対し、ショベルパスはパスでボールを渡す。ドローよりもインターセプトのリスクは高まるがロングゲインが期待できる。

 

スウィングパス(Swing Pass)

スウィングパスとは、ランニングバックの位置から、ほぼ真横に走り出し、QBからパスを受け取るプレイである。パスキャッチ後には、オープンサイドにランニングバックが持ち前の走るテクニックでロングゲインを足で狙う。ボールを横に振る(スウィング)ように投げてプレイを展開するため、スウィングと呼ばれている。

スウィングパス

 

ホイールパス(Wheel Pass)

ホイールパスは、ランニングバックの位置から縦向きのパスコースに走り、パスをキャッチするプレイである。ランニングバックのパスプレイの中ではもっともロングパスであり、成功するとロングゲインを狙うことができる。パスプロテクションが手薄になる上に、長時間のパスプロテクションが必要なため、強いオフェンスラインがいるチームは活用できるだろう。

ホイールパス
役立つ記事

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!