レシーバー必見!アメフトで絶対に使えるパスコースの名前と種類10選

SELECTION(セレクション)

アメフトの攻撃にパスプレイは欠かすことができない。パスを成功させるために、レシーバーは様々なパスルートを知っておく必要がある。ロングパスやショートパスなど様々なパスのバリエーションを組み合わせて、ディフェンスに読まれない戦術を組み立てるのだ。アメフトで絶対に知っておかなければならないパスルートを10つご紹介。パスコースの呼び名は、チームや地域によって多少異なるので参考適度にしておいていただきたい。

ワイドレシーバー(WR)

ヒッチ(Hitch)

ヒッチとは、レシーバーが一定の距離を走って、急に止まって後ろを向いてボールをキャッチするパスコースである。ヒッチは、ショートパスの一つであり、5ヤード地点で振り返ることが基本である。

ヒッチ(Hitch)

ヒッチ

 

クイックアウト(Quick Out)

クイックアウトとは、レシーバーが真っ直ぐに一定距離走ったあとに、アウトサイドにカットバックを踏むようにして走りボールをキャッチするパスコースである。クイックプレイなので、5ヤードのショートでアウトサイドに切り替える。

クイックアウト(Quick Out)

クイックアウト

 

スラント(Slant)もしくはジャック(Jack)

スラントとは、別名ジャックと呼ばれており、5ヤードくらいまっすぐ走った後に、45度の角度でインサイドに切り込んでボールをキャッチするパスコースである。このルートは、ディフェンスのラインバッカーがブリッツしている場合などに有効に機能するパスルートである。

スラント(Slant)

スラントもしくはジャック

 

カムバック(Come Back)

カムバックとは、5-10ヤード地点まではまっすぐに走り、瞬時にブレーキを踏んで振り返るように戻りながらパスキャッチをするパスコースである。コーナーバックを振り切りやすいプレイであるが、QBとの息の合ったプレイが必須である。

カムバック(Come Back)

カムバック

 

カール(Curl)もしくはフック(Hook)

カールは、別名フックと呼ばれており、8−12ヤードの地点までまっすぐ走り、急に振り返るようにして戻りながらボールをキャッチするパスコースである。ヒッチと動きは同じであり、ヒッチはショートであるのに対し、カールはミドル(もしくはロング)であり、走る距離の長さが両者は異なる。

カール(Curl)もしくはフック(Hook)

カールもしくはフック

 

イン(In)

インとは、15ヤード地点までまっすぐ走り、急に鋭角にカットバックを踏んで内側に切り込むパスコースである。急にスピードを落として鋭角に曲がるため、コーナーバックを振り切るのに適している。

イン(In)

イン

 

アウト(Out)

アウトとは、15ヤード地点までまっすぐ走り、急に鋭角にカットバックを踏んで外側に切り込むパスコースである。急にスピードを落として鋭角に曲がるため、コーナーバックを振り切るのに適している。

アウト(Out)

アウト

 

ポスト(Post)

ポストは、15ヤード地点(場合によっては20ヤード)までまっすぐ走り、45度の角度で内側に切り込みながら走りボールをキャッチするパスコースである。スピードを殺すことなく、パスルートにレシーバーがでるので、足の早いレシーバーが得意とするロングパスである。

ポスト(Post)

ポスト

 

コーナー(Corner)

コーナーとは、15ヤード地点(場合によっては20ヤード)までまっすぐ走り、45度の角度で外側に切り込みながら走りボールをキャッチするパスコースである。スピードを殺すことなく、パスルートにレシーバーがでるので、足の早いレシーバーが得意とするロングパスである。

コーナー(Corner)

コーナー

 

ストレート(Straight)もしくはゴー(Go)

ストレートとは、その名の通りまっすぐ走り続けてロングゲインを狙うパスコースである。コーナーバックとマッチアップをしながら、スピードを殺すことなくロングパスのキャッチを目指すプレイであり、QBが投げる落下点とレシーバーの位置がぴったりと合うとタッチダウンにつながりやすいビックプレイになる。

ストレート(Straight)もしくはゴー(Go)

ストレートもしくはゴー

役立つ記事!
アメフト パスキャッチ

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!