アメフトのディフェンス体型とは?フォーメーション4選を徹底解説

SELECTION(セレクション)

アメフトのディフェンスも頭脳プレイが求められる。オフェンスのプレイを先読みして配置する必要のあるディフェンスのフォーメーションの種類とメリット・デメリットをご紹介。

アメフトのディフェンス フォーメーション

Point!

ここディフェンスのフォーメーションは、ディフェンスライン(DL)の数とラインバッカー(LB)の数を並べて呼ぶ。(例:3-4 )これに加えて、ディープゾーンには、ゾーンカバーが存在する。

3-4(スリー フォー)ディフェンス

3人のDLと4人のLBによって構成されるディフェンスのフォーメーション。MLB = ミドルラインバッカー、WLB = ウィークサイドラインバッカー、SLB = ストロングサイドラインバッカー

3-4(スリー フォー)ディフェンス

3-4ディフェンス

メリット

ミドルからディープゾーンにかけてのパスプレイに強い。

デメリット

DLが3人しかいないため、ランプレイに弱い。オープンのランプレイが展開された際には、DEとラインバッカーがカギとなる。

4-3(フォー スリー)ディフェンス

4人のDLと3人のLBによって構成される主流のディフェンスのフォーメーション。

4-3(フォー スリー)ディフェンス

4-3ディフェンス

メリット

パスにもランにも対応できるバランスの良いディフェンス体型である。

デメリット

3-4に比べるとパスへの対応が少し弱くなる。

4-4(フォー フォー)ディフェンス

4人のDLと4人のLBによって構成されるディフェンスのフォーメーション。

4-4(フォー フォー)ディフェンス

4-4ディフェンス

メリット

ランプレイやショートパスにリアクションしやすい。

デメリット

ディープゾーンのパスプレイに弱い。

5-2(ファイブ ツー)ディフェンス

5人のDLと2人のLBによって構成されるディフェンスのフォーメーション。

5-2(ファイブ ツー)ディフェンス

5-2ディフェンス

メリット

ランプレイに強いディフェンスフォーメーションである。ゴール前やファーストダウン更新ラインの直前などで、インサイドのランプレイが展開される場合に選択されやすい守備体型である。ノーズタックル(NT)とセンター(C)が1対1の勝負になるので、NTがキーマンといえる。

デメリット

ラインバッカー2人のため、中距離のパスへの対応が難しいのがデメリットといえる。LBもインサイドのランプレイに配慮しながら、プレイアクションパスに対応しないといけないため、判断力を要される。

アメフトのディフェンス ポジション

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!