アメフトのディフェンス戦術で活用できるアサイメントを集結したプレイブック集

アメフトの戦術は、オフェンスにのみ注目されがちだが、ディフェンスにはオフェンスに負けないくらいの深い戦術が存在する。オフェンスのプレイにアジャストすべくアサイメントをフォーメーションごとにまとめたプレイブックを紹介する。

アメフト ディフェンス アサイメント

 

4-3 ディフェンス

最もベーシックな守備体形であり、ランプレイにもパスプレイにも柔軟に対応できる特徴がある。

 

3-4 ディフェンス

大学アメフトやNFLで良く選択されるディフェンスの戦術が3-4ディフェンスである。1970年から1980年にかけてNFLで広まり、現在では多くのチームで選択されるフォーメーションであり、ラインバッカーの層が厚いため、ブリッツなどを活用できる体形といえる。

 

3-3-5 ディフェンス

3-3-5のフォーメーションは、様々な呼び名があり、30 スタックディフェンス(30 Stack Defense)、3-3スタックディフェンス(3-3 Stack Defense)や3-5ディフェンスとも呼ばれている。パスカバーできる層が厚いため、オフェンスがパスで攻めてくるシーンなどに上手く適用できる。

 

Slant 50 ディフェンス

Slant(スラント)とは、「鋭利に」「斜めに」という意味であり、Slant型のディフェンスは、オフェンスに対して斜めに差し込むフォーメーションである。




アメフトのディフェンス ポジション