アメフトの引き分け延長戦ってある!?オーバータイム(タイブレイク)の解説

SELECTION(セレクション)

オーバータイムの意味

アメフトのオーバータイムとは、全ゲーム時間が経過しても同点で決着がつかない場合に適用される延長戦のことを意味する。オーバータイムは、「サドンデス オーバータイム」とも呼ばれ、タイブレイクと同義である。

アメフト ハドル

基本的に、オーバータイムは15分であり、どちらかのチームが最初に得点を入れた時点でゲームが終了となる。15分が経過しても得点が入らない場合は、決着がつくまで15分刻みのオーバータイムが適用されていく。

オーバータイム(超過節)の公式規定

第4Q終了時に両チームが同点のとき,日本アメリカンフットボール協会が制定するタイ ブレイ ク システムを行うことができる。このタイ ブレイク システムを採用する場合は,少なくとも試合 前日までに主催者から両チームおよび審判員に,その旨の通知がされていなければならない。タ イブレイク システムでは第4Qまでの公式規則が適用されるが、以下の例外がある。

  • 第4Qの終了後,このタイ ブレイク システムが必要となった場合,直ちに審判員は両チ ームをそれぞれのチーム エリアに戻し,50ヤード ラインに集合してタイ ブレイク システ ムの手順を確認する。
  • 審判員はキャプテンを伴いフィールド中央へ行き,コイントスを行う。 レフリーは,フィールド中央において各チーム最大4名のフィールド キャプテンと他の1 人の審判員の面前でコインを投げ,ビジティング チームのフィールド キャプテンの1人に そのコインの裏表を選択させる。コイン トスの勝者は,次のいずれか1つを選択しなけ ればならない。
    • 1. オフェンスまたはディフェンス。オフェンス チームは相手チームの25ヤード ライン で表(おもて)のポゼッション シリーズを開始する。
    • 2. 超過節の両チームのポゼッション シリーズを,フィールドのどちら側で行うか。
  • コイン トスの敗者は,最初の超過節について残りの項目の選択を行い,以降は偶数番目 の超過節において先に選択を行う。
  • 超過節;超過節は表と裏の2つのポゼッション シリーズから成り立つ。指定された25ヤ ード ラインのハッシュ マーク上またはその間からそれぞれのチームがボールをスナップ することによって始まる。その25ヤード ラインは相手チームの25ヤード ラインとなる。 スナップは,レディ フォー プレーの前に両ハッシュ マークの間の別の地点を選択しない 限り,25ヤード ライン上で両ハッシュ マークの中央で行わなければならない。レディ フ ォー プレーの後では,チーム タイムアウトの前にオフェンスの反則またはオフセッティング ファウルが起きない限り,チーム タイムアウトの後でボールの位置を変更することができ る。
  • ポゼッション シリーズ;それぞれのチームは,ポゼッション シリーズの間に得点をあげる か,新たな第1ダウンの獲得に失敗するまで,ボールを所有する。ボールのチーム確保 の変更の後は,ボール デッドが宣告されるまでライブ ボールのままである。しかし,チ ーム確保の変更後に再びオフェンスがボールを確保しても,新しい第1ダウンを得ることは できない。
  • 得点;通常の4つの節と超過節の合計得点の多いチームが試合の勝者となる。前記 定めた規定のとおり,各超過節には両チーム同じ回数のポゼッション シリーズを行わな ければならない。3回目の超過 節の始まりからは,タッチダウンを得点したチームは2点のトライをしなければならない。オフェンスによる1点のトライは不正ではないが,得点として認められない。
  • チーム確保変更後の反則
    • 1. いずれかのチームに対する罰則は,超過節の規則により辞退となる。(例外:ひどい パーソナル ファウル,スポーツマンらしからぬ行為の反則,デッド ボール中のパー ソナル ファウルおよびデッド ボール中の反則として扱われるライブ ボール中の反則 に対する罰則は,次のプレーで施行される。)
    • 2. そのダウン中に反則をしたチームの得点は,取り消される。
    • 3. ダウン中に両チームの反則があり,ディフェンスが確保の変更の前に反則をしていない 場合,反則は取り消され,ダウンを繰り返さない。
  • タイムアウト;両チームは,各超過節に1回ずつのタイムアウトが認められる。第4Qま でに使用しなかったタイムアウトは,超過節には持ち越せない。各超過節で使用しなか ったタイムアウトは,次の超過節に持ち越せない。超過節と超過節の間に取られたタイ ムアウトは,次の超過節のタイムアウトとみなされる。メディア タイムアウトは,それぞ れの超過節の間(第1と第2超過節の間,第2と第3超過節の間,等)のみに認められる。 またメディアのためにチーム タイムアウトの長さを延ばすことは認められない。超過節は, ボールが最初にスナップされた時に始まる。

(公式規則より一部抜粋・簡略化)

アメフト オーバータイム

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!