アメフト用語のダウンとは?オフェンスに与えられた攻撃権の単位




ダウンの意味

アメフトのダウンとは、オフェンスの1回の攻撃を意味する。ボールがスナップされてから、パスが失敗したり、キャリアがタックルされたりするとプレイが止まり、次の攻撃へと仕切り直しが行われる。この1つの攻撃の単位をダウンと呼んでいるのだ。

ダウンの呼び方

ダウンは、以下のように攻撃の回数と合わせて呼ぶ。4回の攻撃(ダウン)以内に10ヤードを超えないと攻撃権そのものを失ってしまう。

  • ファースト ダウン
  • セカンド ダウン
  • サード ダウン
  • フォース ダウン
ファーストダウン

ファーストダウン

▼▼▼

セカンドダウン

セカンドダウン

 

このように、ファーストダウン→サードダウン→サードダウン→フォースダウンを進めて行く。

この4回以内の攻撃で、オレンジの旗で囲われた10ヤード以上を獲得できれば、もう一度ファーストダウンからスタートすることができる。

ダウンになる条件

以下の場合は、ボールデッドとなり一つのダウンが終了する場合の主な例である。

  • ボール キャリアの手や足以外の身体の一部がグラウンドに触れた場合(つまり、膝が地面にふれてもダウンが終了する)
  • フォワード パスが失敗と判定された場合
  • 空中のパス レシーバーが抱えられ、グラウンドに直ちに降りられな かった場合
  • ボール キャリアがアウト オ ブ バウンズになった場合
  • タッチダウン、タッチバック、セイフティ、フィールド ゴール、またはトライ フォー ポイ ントが成功した場合




アメフト ダウン