アメフトのターンオーバーとは?相手のボールを奪って攻守交代となる瞬間




ターンオーバーの意味

アメフトのターンオーバー(Turn-over)とは、ディフェンスがオフェンスのボールを奪って攻守交代となることを意味する。

通常は、オフェンスが何かしらのミスをして、そのミスを狙ってディフェンスがファインプレイをしたときにターンオーバーは生まれる。

ターンオーバーとなる2つのプレイ

①インターセプト

オフェンスのパスプレイを途中でカットして奪い取ったらインターセプトとなる。

インターセプトが起きた瞬間に、攻撃権はボールを奪ったディフェンスのチームに移るため、ターンオーバーとなる。

オフェンスのパスプレイにおいて、すでにQBのパスによってボールが空中に放たれている場合、ディフェンスの選手は、空中のボールの横取り(=インターセプト)しようとするのだ。

 

②ファンブルリカバー

アメフト ファンブル

ランプレイのときにボールを持っている選手がグランドにヒザがつく前に、ボウルを手放したときをファンブルと呼び、そのボールを確保したらファンブルリカバーとなる。

ディフェンスの選手がファンブルリカバーをすると、そのタイミングで攻守交代となるためターンオーバーとなる。

ディフェンスの選手は、オフェンスのボールを持つ選手にタックルする際、ボールを叩き出すなどして相手のファンブルを狙うのだ。

ターンオーバーが発生したらどうなるか

ターンノーバーが発生すると、ディフェンスがボールを保持している状態になるので、ディフェンスのボール保持者が、敵陣(オフェンスだった相手のエンドゾーン)を目指してボールを運ぶ。

ターンオーバーをしたディフェンスの選手がタックルされた地点から、ディフェンスだったチームの1回目の攻撃が開始される。

「オフェンスだったチームからすると大ピンチ」となり、「ディフェンスだったチームからすると大チャンス」を得ることとなる。




アメフト ターンオーバー