アメフトで目の下にある黒いシール(ペイント)は何!?アイブラックの解説

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールを観ていて、目の下に黒いペイントやシールを貼っている選手をみたことはないだろうか?全員が付けているわけではないけど、一部の選手が付けているので何かと目立つあのシール。何のために付けているのかわからない方のために、目の下の黒いシールの正体についてご紹介!

アメフト アイブラック

目の下の黒いシールの正体は「アイブラック」

アメフトの選手が、目の下に隈のような黒いペイントやシールを貼っているものは、スポーツの効果を発揮するためのしっかりとしたスポーツ用品だ。商品名としては、アイブラックと呼ばれており、アメフトだけではなく、野球などでも多く用いられている。別名「アイシェード」とも呼ぶ。

アメフトにおけるアイブラックのルールは以下のように定められている。

目の下に塗る、または貼るアイ シェイドは黒一色で、文字やロゴ、番号、 シンボル マークなどを表示しないこと。

「アイブラック」が果たす効果と役割

太陽光の眩しさから選手を守る

アイブラックの一番の用途は、太陽の光の反射から選手を守るというもの。屋外でスポーツをしていると、太陽光が目の下に反射して眩しく感じることがある。そこで、目の下にアイブラックを付けることによって、黒い色は光を吸収する性質があるため、太陽光の反射を抑制してくれる効果を発揮する。アメフトでは、ボールをキャッチスル際に、光の眩しさを回避するためにオフェンスのバックスやディフェンスのラインバッカー(LB)ディフェンスバック(DB)のポジションでアイブラックが用いられることが多い。

強そうな迫力を演出してくれる

目の下に黒いシールが貼られているだけで、コワモテに変化できる。どれほど優しい目つきをしている選手でもアイブラックが貼られていることで、見た目に迫力が加わる。格闘技とも呼ばれるアメフトにおいて、プレイに加えて見た目でも相手を圧倒したいときには、秘策のアイテムといえるかもしれない。

表情や心理が読まれづらくなる

アイブラックは視覚的に目立つため、アイブラックが貼られていると、まずはそこに目線をもっていかれる。アメフトは心理戦でもあり、目線を読まれたり、表情から心理を読まれたりすると大きなロスを生んでしまう可能性があるのだ。もし、あなたがポーカーフェイスであれば問題ないが、心の内が表情に現れやすい場合は、アイブラックで表情をカモフラージュすると良いだろう。

アメフトのアイブラック

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!