アメフトのスパイクは「固定式」と「交換式」がある?メリット・デメリットを徹底比較

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールのスパイクには、大きく分けて2種類「固定式シューズ」と「交換式シューズ」というものがある。それぞれに用途があるため違いを正しく理解した上で、自分に合ったスパイク選びをしましょう。

固定式スパイクの特徴

スパイクの裏面をみたときに、凸凹が着脱できないように固定されているシューズが「固定式スパイク」と呼ばれているものである。主に合成樹脂やプラスチック、ナイロンが用いられており、芝用として利用されることが多い。

固定式スパイク

固定式のメリット

  • 着脱するための金具等を必要としないのでスパイクが比較的軽く走るスピードを高めやすい

固定式のデメリット

  • スパイクは摩耗・消耗品であるため、固定式の裏面の凸凹が削れたら買い換える必要があり長持ちしづらい

 

交換式(取り替え式)スパイクの特徴

スパイクの裏面をみたときに、凸凹(クリーツ)が着脱できないようにネジ加工されているシューズが「交換式スパイク」と呼ばれているものである。クリーツレンチと呼ばれるもので、クリーツを着脱して凸凹の取替を行う。

交換式(取り替え式)スパイク

交換式のメリット

  • スパイクの凸凹が古くなって削れたら交換できるため、スパイクが長持ちする
  • スパイクの凸凹の長さを変えられるため、グランドのコンディションに応じて柔軟に対応できる

交換式のデメリット

  • 着脱させるためのネジ加工があるため、固定式に比べて重くなる
  • スパイクの重さに連動して足への負荷がかかる

 

クリーツ(ポイント)の種類と特徴

アメフトのスパイクの裏面のポイントのことをクリーツと呼んでおり、複数の種類が存在する。

クリーツの種類

アルミ製クリーツ

アルミ製のクリーツは、硬さが特徴であり土のグランドで使われることが多い。また、耐久性に強く長持ちするため、練習中にアルミが使われる。

ナイロン製クリーツ(スチール入り)

ナイロン製は、芝を傷つけづらいため、主に芝のフィールドで用いられる。「スチール入り」のクリーツは、「スチールなし」よりも耐久性に優れている。

ナイロン製クリーツ(スチールなし)

ナイロン製は、芝を傷つけづらいため、主に芝のフィールドで用いられる。「スチールなし」のクリーツは、「スチール入り」よりも軽量である。

長さの異なるクリーツ

クリーツには、13mm、16mmなどの長さが異なる。グランドのコンディションに応じて使い分け可能であり、土グランドで雨の日に使う場合は、しっかりと踏み込める長いクリーツに交換することがオススメだ。

オススメ情報:アメフトのスパイクは「芝」と「土」で異なる!?クリーツ(ポイント)の種類をご紹介

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!