アメフトのスパイクは「芝」と「土」で異なる!?クリーツ(ポイント)の種類をご紹介

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールの試合や練習は、フィールドによって「土」や「芝」と大きく2つに分類することができる。それぞれのフィールドに応じて最大限のパフォーマンスを発揮するためにスパイク選びは非常に重要である。以下では、フィールドごとに推奨されるスパイクのポイント(クリーツ)の素材についてご紹介。

アメフトのスパイクで重要なクリーツの存在

アメフトのスパイクの裏面のポイントのことをクリーツと呼んでおり、複数の種類が存在する。このクリーツがあることで、足の力を逃すことなくパワーやスピードを発揮することができる。

しかし、ここで、注意したいてんが、アメフトの試合・練習するフィールドの質ごとに利用すべきクリーツが異なるということである。

クリーツ(ポイント)の種類

アルミ製クリーツ

アルミ製のクリーツは、硬さが特徴であり耐久性に強く長持ちする。

ナイロン製クリーツ

ナイロン製は、軽さが特徴である。

芝のフィールドは「ナイロン」のスパイク

芝のフィールドは、非常に繊細であるため、芝をキズ付けないためにもフィールドの決まりで「アルミや金属が禁止」されていることが多い。そのため、芝のフィールドでは、ナイロンのクリーツがオススメだ。芝であれば、土に比べてスパイクの底が摩耗しづらいため、ナイロンを使うことのデメリットはほとんどない。

土のフィールドは「アルミ」のスパイク

土のフィールドは、「ナイロン」と「アルミ」の両方利用が可能である。そのため、好みの方を選べば良いが、芝に比べて土の方が堅く、スパイクを消耗しやすいため、耐久性の高いアルミの方が推奨されている。また、雨の日などで土がぐずついているときは、普段よりも長いクリーツにすることもオススメだ。

以上のように、フィールドに応じて2つのスパイクを用意しておくと良いだろう。スパイクを2つ買うと値段も高いので、そんな場合は、交換式のスパイクを購入すると1つのスパイクで柔軟に対応できて便利だ。

クリーツに関する公式規則

以下は、公式規則のクリーツに関するルールだ。特別注意すべき点はないが、参考程度にご覧いただくとよいだろう。

靴のクリーツは次の詳細項目に従わなければならない。
a. クリーツの先端から靴の底までが3/4インチ(19mm)を越えてはならない。
(脱着可能なクリーツについての例外は以下を参照のこと)
b. ばりがあったり,欠けていたり,こわれやすい材料を使用してはならない。
c. 表面がざらざらしていたり,角が鋭くとがっていてはならない。
d. 靴本体に固定されている場合は,金属でできたクリーツを使用してはならない。
e. 脱着可能なクリーツは:
(1)確実に靴にはめ込む機能を有するものでなければならない。
(2)側面がくぼんでいてはならない。
(3)円錐状の場合,平坦な先端が靴底と平行でないか,直径が3/8インチ(10mm)未満であってはならない。または弧状にまるめた先端の直径が7/16インチ(11mm)を越えてはならない。
(4)楕円形の場合,先端が靴底と平行でない,または1/4インチ×3/4インチ(6mm×19mm)角未満であってはならない。
(5)円形あるいは環状の場合,角をまるめておらず,壁の厚さが少なくとも3/16インチ(5mm)でなければならない。
(6)金属製の場合,0.005~0.008インチ(0.13~0.20mm)の深さまで焼入れし,ロックウェル硬さ約C55にした低炭素鋼1006材を先端につけたもの以外の鋼製の
クリーツでなければならない。

オススメ情報:アメフトのスパイクは「固定式」と「交換式」がある?メリット・デメリットを徹底比較

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!