アメフトのアイシールドの特徴と取り付け方(動画付き)

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールのアイシールドは、目を保護するために日本のアメフトにおいても活用されるアイテムである。主にバックスに利用されることの多いアイシールドの特徴と取り付け方についてご紹介。

アイシールドの特徴

アメフトのアイシールドとは、ヘルメットのフェイスマスクに目を保護するためにつけるプラスチックのシートのことを意味する。故意ではないがタックルをする選手の手がフェイスマスクに入ってくることもあるため、タックルをされる機会の多いバックスが利用する場合が多い。

アメフト アイシールド

色付きアイシールドはNG

アイシールドの中には、色付のタイプもあり、サングラスの効果や相手選手に目の動きを見られないようにするという効果もある。日本のアメフトリーグでは、色つきアイシールドはルール上認められていないため注意が必要だ。

無色透明で、型を使用して作られ(鋭利な角や断面がない)、強度が確保されていること。眼鏡とゴーグルも無色透明であること。医学的な理由であっても例外は認められない。公式規則の引用

アイシールドの付け方

付け方の概要

アイシールドの着用は非常に簡単である。市販のアイシールドをフェイスマスクの内側から入れて、ヘルメットとフェイスマスクの間に差し込み、フェイスマスクに固定するだけだ。

アイシールドの部品

下準備(必須ではない)

アイシールドを着用しやすくするために邪魔になるものを外してスペースを確保しておくと、取り付けがスムーズである。この作業は必須ではないため、めんどくさい場合は次の項目にジャンプしてOKだ。

  • あごを守るチンストラップを外しておく
  • ヘルメットに固定しているフェイスマスクの頬部分のみドライバーでネジを外しておく(両側)

アイシールドの取り付け手順

  1. アイシールドをフェイスマスクの内側に沿って下から入れるアイシールドの取り付け手順1
  2. アイシールドの左右に尖った部分をヘルメットとフェイスマスクの間に差し込むアイシールドの取り付け手順2
  3. フェイスマスクの2本のバーの間にアイシールドの穴があることを確認する
    アイシールドの取り付け手順3
  4. フェイスマスクのバーにクリップを付ける
    アイシールドの取り付け手順4
  5. クリップにネジを入れてアイシールドを固定する(メーカーによってはドライバーを使用)アイシールドの取り付け手順5
  6. 緩んでいるところがなくアイシールドが固定されているか最終チェックアイシールドの取り付け手順6

メーカーによって多少付け方は異なるが、基本的な流れは上記の通りである。より詳細をご覧になりたい方は、アイシールドの取り付け方の動画(英語)を参考にしていただくと良いだろう。下準備で、フェイスマスクを緩めたり、チンストラップを外している方は、アイシールド着用後に元に戻すことを忘れないようにしましょう。

オススメ記事:

アメフトのアイシールド

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!