アメフトのフェイスガードはポジションごとに違う?フェイスマスクの種類と素材

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールの大切な装備の一つであるフェイスマスク。実は、そのフェイスマスクには様々な種類があり、ポジションによって必要とされるカタチが異なるのだ。間違ったフェイスマスク選びをしてしまうと最大のパフォーマンスを発揮できないこと可能性も・・・。自分のポジションに合ったフェイスガードを選んで試合に挑めるようにしましょう。

クオーターバック(QB)とワイドレシーバー(WR)向けフェイスマスク

クオーターバックには、全フィールドを見渡すことができる視野の広さが求められる。ワイドレシーバーも同様に、ボールの軌道を追える視野の広さが必要だ。そんな両者にとって最もふさわしいフェイスマスクは、口のみを守る(ROPO – Reinforced Oral Protection Only)ものが望ましい。ディフェンスにおいては、コーナーバックやセーフティといったディフェンスバック(DB)からも採用されることが多い。

視野の広いフェイスマスク

関連情報:

ランニングバック(RB)向けフェイスマスク

ランニングバックにふさわしいフェイスマスクは、QBやWR用のものと類似しているが、目を守るために横の棒が入ったもの(EGOP – Eyeglass & Oral Protection)が望ましい。タックルされた際に手が目に入ってくるのを防ぐためである。ランニングバックはタックルされるターゲットとなることが、他のバックスに比べて多いため、視野の確保よりも目の保護を優先しているのである。

目を守るフェイスマスク

関連情報:

ライン(OL・DL)向けフェイスマスク

ラインマンは、オフェンスとディフェンスに関わらず、プレイヤーの中で最も顔を守る必要があるポジションである。すべてのプレイにおいて、ライン同士が手で上半身を押し合うため、故意でなくても手が顔に直撃することが多々ある。そのため、ラインマンのフェイスガードは顎まで覆われたもの(RJOP – Reinforced Jaw & Oral Protection)を利用する。以下の通り、すべてのラインマン用のフェイスマスクは、相手の手や指から顔・顎・首を守れるようになっている。

顎を守るフェイスマスク

関連情報:

ラインバッカー(LB)とフルバック(FB)とタイトエンド(TE)向けフェイスマスク

これらのポジションは、タックルもブロックもランもパスキャッチも必要とされる。そのため、「視野の広さを強みとする」か「ブロックを強みとする」か「ランプレイを強みとする」か「パスキャッチを強みとする」かなど、自分のプレイスタイルに応じて、上で述べたフェイスガードに適したものを選ぶことがオススメだ。

フェイスマスクは、「視野と安全のトレードオフ」であるため、上で述べた3種類の軸を中心に吟味すると良い。迷った場合は、RB向けのフェイスマスクが最も汎用性が高いため、そちらを選ぶと良いだろう。

フェイスマスク

関連情報:

フェイスマスクの素材

フェイスマスクのカタチを選んだ後は、素材を決定する必要がある。主に、カーボン・ステンレス・チタンの3種類の素材があり、見た目上の違いはないが強度と重さに違いがある。

カーボン

カーボンはもっとも主流の素材であり、基本的にカーボンで不自由なく利用できる。

ステンレス

ステンレスは、カーボンよりも軽くて強度も強いが、値段は少々高くなる。

チタン

チタンは、ステンレスよりも60%軽く、約2倍ほどの強度を誇る。NFLでも利用されている素材であるが値段は最も高くなる。

オススメの記事:

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!