アメフトのショルダーの選び方とは!?購入で失敗しないための事前知識

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールのショルダーパッド(もしくはショルダー)は、肩を中心とした上半身を守るため防具の中で非常に重要である。選び方を誤ると外部の衝撃が身体に直接伝わり、骨折や脱臼を招いてしまう可能性がある。そんな大切なショルダーパッド選びで注目すべきポイントとポジションごとのオススメをご紹介。

アメフトのショルダー

ショルダーパッドの選び方

ショルダーを選ぶ際は、自分のポジションとサイズ感の2軸で選ぶことがオススメである。理由としては、ショルダーはポジションごとに最大限の力を発揮できるようにつくられており、自分のポジションに合わないショルダーを選んでしまうと上手くパフォーマンスを発揮できない可能性がある。また、自分に合ったサイズを選ぶことが重要である。自分のサイズに合わないショルダーを選んでしまうと怪我の恐れがあるため、慎重に選びましょう。

ショルダーパッドのサイズの測り方

ショルダーパッドは、胸囲と肩幅の長さにもとづいておおよそのサイズを決めることができる。

胸囲のサイズを測る

脇の下から巻き尺を用いて、息を吸い込まず自然体の状態で計測しましょう。

胸囲の測り方

出典: Riddell.com

肩幅の長さを測る

両肩の直線の長さを測る。指で肩を触ると肩の骨があるのが分かる。その両肩の骨と骨の間の距離が肩幅となるので、なるべく筋肉の丸みを含まない直線の長さを測るようにしましょう。

肩幅の長さ

出典: Riddell.com

メーカーごとのサイズ一覧表と照らし合わせる

アメリカンフットボールのショルダーには複数のメーカーがあり、メーカーごとにサイズが異なる。そのため、自分の気に入ったモデルがあったらそのメーカーのサイズ一覧表に従って選ぶようにしよう。

<ショルダーパッドの主なメーカー>

  • リデル(Riddell)
  • ダグラス(Douglas)
  • ローリングス(Rawlings)
  • レイザー(RAZOR)
  • シャット(Schutt)

ポジション別ショルダーパッドの特徴

QB・WR用のショルダー

クォーターバック(QB)とワイドレシーバー(WR)用のショルダーは、「軽さと肩の柔軟性」を中心に設計されている。ボールを投げたり、キャッチする際に妨げとならない点がポイントだ。アメフトのQB用ショルダー

RB・DB・K用のショルダー

ランニングバック(RB)、ディフェンスバック(DB)、キッカー(K)用のショルダーは、QB・WR用とかなり類似した特性を持っている。ポイントとしては、「軽さ」でありスピードの妨げにならないように設計されている。

アメフトのRB用ショルダー

FB・TE・LB用のショルダー

フルバック(FB)、タイトエンド(TE)、ラインバッカー(LB)用のショルダーは、スピードと耐久性ともに重要な要素といえるので軽さと強さのバランスを重視して設計されている。このショルダーであれば、オールポジションに対応することも可能といえる。

アメフトのFB用ショルダー

OL・DL用のショルダー

オフェンスライン(OL)・ディフェンスライン(DL)用のショルダーは、「パワー」がポイントである。ポジションの中で、もっともヒットする回数の多いポジションであるため、ショルダーは比較的に重く、耐久性を中心に設計されている。

アメフトのOL用ショルダー

最終チェック!

自分に合うショルダーが決まったら、実際に着用してみて以下のポイントを最終チェックしましょう。

  • 全体的なフィット感はあるか(緩すぎないか)
  • ストラップ着用後に動かしてみてショルダーは横滑りしないか
  • 鎖骨・肩・肩甲骨はしっかりとカバーされているか
  • 首を左右に動かしてみてしっかりと動かすことができるか
  • 腕を上下に動かしてスムーズに動かすことができるか

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!