アメフトのボール規格と特徴について徹底解説

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールは球技であるが、サッカーやバスケなどの丸いボールではなく楕円形のボールである。ボールを落としたときに、転がる先が読めない特殊な動きをするアメフトのボールについて、知っておくべき情報と目からウロコの興味深い情報を徹底公開。

アメフト ゴムボール

アメフトボールの規格(サイズと重さ)

ボールのサイズ

ボールのサイズは、直径27.6cmから29.1cm、外周(長い方)70.5から72.4cm、外周(短い方)52.7cmから54.0cmである。また、空気圧は、10~13.5ポンド/平方インチ(703~949g/㎠)の空気圧で膨らませる必要がある。

アメフト ボール サイズ

出典:アメリカンフットボール公式規則

ボールの重さ

ボールの重さは、14~15オンス(397g~425g)の重量である必要がある。

アメフトの革ボールとゴムボール

アメリカンフットボールのボールには大きく分けて革製とゴム製のボールが存在する。

アメフト ゴム製と革製ボール

革製ボール

革製ボールは、社会人アメフト、大学アメフト、高校アメフトの公式球として用いられることが多い。 革ボールは、革の自然な色であり、粒状の表面をした4枚の皮革でできている必要がある。また、縫い目以外に凹凸やしわのないボールでなければならない。

ゴム製ボール

ゴム製ボールは、中学生以下のジュニアアメフトで利用されることが多い。高校生以上のアメフトであっても、ゴム製は柔らかいので新人選手の練習用として用いられたり、雨天時に革製は傷むので代わりにゴム製が用いられることもある。

また、ゴム製ボールを高校生以上の公式球として利用することもできるが、以下の点を留意しないといけない。

ゴムあるいは合成物質で覆われたボールを、試合ボールとして使用することを選んだ場合は、そのチームは、レフリーの承認を得たゴムまたは合成物質で覆われたボールを、その試合を通して使用しなければならない。

– アメリカンフットボール公式規則より引用

なお、試合中に皮のボールからゴムあるいは合成物質で覆われたボールへ、またはゴムあるいは合成物質で覆われたボールから皮のボールへの変更は、認められないので注意が必要だ。

アメフトボールとラグビーボールの違い

アメフトもラグビーもボールは、楕円形の形状をしており形は非常に類似している。しかし、ボールのサイズと重さや両端の丸みの形、レース(縫い目の長さ)など小さな違いは存在する。

アメフトボールとラグビーボール

アメフトのボール

  • 重さ:397~425グラム
  • 周囲の長さ(長い方):79.4cm~81.9cm
  • 周囲の長さ(短い方):51.9cm~53.1cm
  • レース:レース必須で長さは7.6cm~8.3cm
  • 形:両端の丸みはラグビーよりも鋭い
  • 公式ボールの素材:本革

ラグビーのボール

  • 重さ:400~440グラム
  • 周囲の長さ(長い方):74,0cm〜77,0cm
  • 周囲の長さ(短い方):58,0cm〜62,0cm
  • レース:レースがなくても可
  • 形:両端の丸みはアメフトよりも丸みをおびている
  • 公式ボールの素材:合成皮革(ラバー)
アメフトのボール規格

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!