アメフトのマウスピース選びで失敗しない!知っておくべき知識を徹底解説

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールにおいて、マウスピースは着用必須の装備の一つであり、外からは目に見えないが非常に重要な役割を果す。そんなマウスピース選びとマウスピースの活用で失敗しないための知識をご紹介。

マウスピースの着用が必須な3つの理由

自分の歯を噛まないようにするため

マウスピースをしてない場合、ヒットをしたときに外からの衝撃が加わり、自分の舌を噛んでしまう可能性があるため、着用は必須である。

脳震盪(脳へのダメージ)の予防のため

歯を噛みしめることによって顎の筋肉を使うため、頭部を安定させることができる。また、マウスピースを使うことでしっかりと噛みながらも、歯と歯の間にクッション性をもたすことができるため、衝撃を和らげる効果が期待できる。

パフォーマンスの向上のため

マウスピースをしっかり噛みしめることで、力が全身にしっかり伝わり運動機能をアップさせるといわれている。筋力アップ・集中力アップが期待できるため、マウスピースは必須アイテムだ。

マウスピース

マウスピースの3つの種類と値段

シンプルなマウスピース

既に形状が作られており、すぐに利用することができるマウスピースである。すぐに着用できる手軽さはあるが、マウスピースは分厚く息がしづらかったり、会話がしづらいデメリットがある。安全性にも懸念があるため、あまりオススメできない。スポーツショップなどで簡単に買うことができて最も安い。

沸騰につけて噛むタイプのマウスピース

もっとも主流なマウスピースが自分で自分の歯に合わせて型をとるタイプのマウスピースである。上のマウスピースよりもフィットすることができるので、安全性は比較的高く品揃えも豊富である。安いものでは数百円からあり、平均的なものでも千円前後で購入できる。デザインや質にこだわる場合は、3000円から5000円ほどである。

歯科でつくるマウスピース

歯医者にてオーダーメイドでつくってもらえるマウスピースである。歯科医師が自分の歯型をとり、その型に沿って特別な素材でマウスピースが作られる。手間がかかり、特別な素材を利用しているため、値段は最も高くなるが安全性は高く快適に着用することができる。3-5万円(数週間で納品)

マウスピースのルール

マウスピースの着用は必須

アメフトでは、マウスピースの着用は義務付けられている。

色は白と透明がNG

「口の内部に入れ、色は見た目に分かりやすいものでなければならない。」と公式ルールで定めらており、歯の色と混同する白や透明のマウスピースは禁止されている。

すべての上顎歯を覆うものである必要がある

安全性のために、上の歯をすべて覆うマウスピースの着用が義務付けられている。また、ぴったりと歯に適合していることが望ましい。

ルールに反した場合の罰則

「不正な装具」というルール違反となり、「 バイオレーションでタイムアウト」が課される。
バイオレーションとは、罰則が規定されていない公式規則違反のことであり、罰則が規定されていないためにヤードの罰退はないが、強制的にチーム タイムアウトが課される。また、該当選手は最低でも次のプレイには参加することができない。

マウスピースの作り方と手入れの方法

マウスピースの作り方

  1. 沸騰させた 500ml ほどのお湯に、約 10 秒ほどつける
  2. 箸などで取り出してお湯を切ってから、口にはめる(熱さに注意)
  3. 口にはめた後は軽く噛み歯型をつける
  4. 口を閉じて、上唇の上から指で押してフィットさせる
  5. 内部は、舌を使って歯の裏側を押して、こちらもフィットさせる
  6. 満足のいくフィット感を得たら、口から取り出して水に 30 秒ほどつけて完成

このの工程は、何度も繰り返す事が可能。もし、マウスピースの端が長すぎて自分の口に合わない場合は、マウスピースの端を少し切り落としてもOK。その場合は切り過ぎに注意しましょう。

マウスピースの手入れ

水かぬるま湯で唾液や雑菌を洗い落としましょう。柔らかい歯ブラシで洗えばなお清潔感を保てる。乾燥させた後に、保管用のケースで保管することがオススメだ。熱によって変形する素材のため、熱湯の煮沸消毒をしたり、真夏の日光にさらしたりしないようにしましょう。

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!