【オフェンス編】アメフトのポジションごとの役割と適正を徹底解説

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールのオフェンスチームには、各役割が与えられており、必要とされる体格やスキルはポジションごとに大きく異なる。このページでは、Iフォーメーションを例に、オフェンスのポジションについて徹底解説をする。

クオーターバック(QB)

主な役割

オフェンスチームの司令塔を担うのがクオーターバックである。攻撃の進行やディフェンスの弱点を踏まえて、攻撃のプレイコールを選択し、ハドルでチームに共有する。プレイが始まるとセンターからスナップされたボールを受け取り、ランニングバックに渡すか、レシーバーにパスをして陣地獲得を狙う。

適正

試合の流れを読む洞察力と相手の弱点を見抜く分析力、そして瞬時の判断力が必要とされる。また、チームメンバーとの信頼関係を築ける人間性とリーダーシップが必要だ。体格の良さやパワーは必要としないが、自分で走れるスピードは大きな武器となる。

スピード
★★★★☆☆
パワー
★☆☆☆☆☆
スタミナ
★★☆☆☆
クオーターバック(QB)QBポジションの位置

オススメ記事:アメフトでQBが投げるブレットパス(Bullet Pass)の意味とコツ

ハーフバック・テールバック(HB・TB)

主な役割

QBからボールを受け取り、ボールキャリアとしてタックルしてくるディフェンスの選手をカットバックでかわしながら陣地を獲得していく。ランプレイの要なので、ボールを託される割合は高く、オフェンスのエース的な立場である。なお、ハーフバックのほかに、テールバック(TB)と呼ばれることもある。

適正

足の速さが最重要である。オフェンスラインがつくってくれた道を自慢のスピードと俊敏性で突破していく必要があるためだ。また、タックルされてもすぐにダウンしない強い心も備わっていると良い。

スピード
★★★★★★
パワー
★★☆☆☆☆
スタミナ
★★
ランニングバック(RB)ハーフバックの位置

オススメの記事:

フルバック(FB)

主な役割

ランプレイの時にHBのリードブロッカーとなり、道を切り開いていく。また、短い距離の獲得を狙ったランプレイでボールをもって走ることもある。パスのときは、QBに迫ってくるディフェンスをブロックするパスプロテクションも担うマルチプレイヤーだ。

適正

ボールをもって走れるスピードと、体格の大きいディフェンスの選手にブロックで立ち向かうことのできるパワーが必要だ。

スピード
★★★★☆
パワー
★★★★
スタミナ
★★
フルバック(FB)フルバック 位置

オススメの記事:アメフトのカットバックの切り方とスピンのコツを伝授(GIF付き)

ワイドレシーバー(WR)

主な役割

QBが投げたパスをキャッチして、陣地を獲得する役割を担う。パスにはショートパスからロングパスまであり、QBとの相性とパスをキャッチする精度の高い技術が必要だ。

適正

ディフェンスをかいくぐってパスコースにでる俊敏さとロングゲインでも屈しないスタミナが必要だ。ロングパスで一発勝負の局面もあるため、勝負強さも求められる。また、フィジカル面であれば、慎重の高さや腕の長さも大きな武器となる。

スピード
★★★★★☆
パワー
★☆☆☆☆
スタミナ
★★
ワイドレシーバー(WR)ワイドレシーバー 位置

オススメ記事:レシーバー必見!アメフトで絶対に使えるパスコースの名前と種類10選

スプリットエンド(SE)

ワイドレシーバーの一部であり、セットする位置によってポジションの呼び方が変わる。

主な役割

スプリットエンドは、タックルから距離をあけて位置し、スクリメージライン上にセットする。役割としては、レシーバーの一種であるためパスターゲットとなることが基本であるが、プレイに応じてブロッカーとなることもある。*スクリメージライン上にセットするため、モーションができずリバースプレイのターゲットにはならない。(フランカー、スロットバック、ウィングバックとの違い)

適正

ラインバッカーとマッチアップすることが多いため、強靭な力とパスをキャッチできる繊細さが同時に求められる。ロングパスよりもショートパスを受けることが多いため、瞬発力とキャッチ力があると活躍できる。

スピード
★★★★☆☆
パワー
★★★★☆
スタミナ
★★
スプリットエンドスプリットエンド ポジション

オススメ記事:レシーバー必見!アメフトで絶対に使えるパスコースの名前と種類10選

フランカー(FL)

ワイドレシーバーの一部であり、セットする位置によってポジションの呼び方が変わる。

主な役割

フランカーは、タイトエンドの外側に間隔をあけて位置し、バックフィールドにセットする。役割としては、レシーバーの一種であるためパスターゲットとなることが基本であるが、プレイに応じてブロッカーやリバースのプレイのキャリアとなることがある。(フランカー、スロットバック、ウィングバックは位置によって名前が異なるだけであり、役割としては同じである)

適正

パス・ブロック・ランのすべてを求められるポジションであるため、ボールの捕球力に加えてスピードとパワーが求められる。フランカーの強みに応じて選択できるプレイも異なってくるため、オフェンスの隠れたキーマンといえる。

スピード
★★★★☆☆
パワー
★★★★☆
スタミナ
★★
フランカーフランカー ポジション

オススメ記事:

スロットバック(SB)

ワイドレシーバーの一部であり、セットする位置によってポジションの呼び方が変わる。

主な役割

スロットバックは、スプリットエンドとタックルの間に位置し、バックフィールドにセットする。役割としては、レシーバーの一種であるためパスターゲットとなることが基本であるが、プレイに応じてブロッカーやリバースのプレイのキャリアとなることがある。(フランカー、スロットバック、ウィングバックは位置によって名前が異なるだけであり、役割としては同じである)

適正

パス・ブロック・ランのすべてを求められるポジションであるため、ボールの捕球力に加えてスピードとパワーが求められる。リバースプレイに参加することも多いので、ランニングバックに劣らない走る技術があることで活躍できる。

スピード
★★★★☆☆
パワー
★★★★☆
スタミナ
★★
スロットバックスロットバック ポジション

オススメ記事:

ウィングバック(WB)

ワイドレシーバーの一部であり、セットする位置によってポジションの呼び方が変わる。

主な役割

ウィングバックは、タイトエンドのすぐ脇のバックフィールドにセットする。役割としては、レシーバーの一種であるためパスターゲットとなることが基本であるが、プレイに応じてブロッカーやリバースのプレイのキャリアとなることがある。フルバックやタイトエンドの選手がウィングバックのポジションを担うことも多い。(フランカー、スロットバック、ウィングバックは位置によって名前が異なるだけであり、役割としては同じである)

適正

パス・ブロック・ランのすべてを求められるポジションであるため、ボールの捕球力に加えてスピードとパワーが求められる。ウィングバックの強みに応じて選択できるプレイも異なってくるため、オフェンスの隠れたキーマンといえる。

スピード
★★★★☆☆
パワー
★★★★☆☆
スタミナ
★★★★☆☆
ウィングバックウィングバック ポジション

オススメ記事:

タイトエンド(TE)

主な役割

オフェンスラインの横に位置し、ブロッカーとレシーバーの両方を担うマルチプレイヤーである。

適正

大柄なディフェンスと対峙することが多いため、強靭な体と気迫が重要だ。また、パスコースに出る俊敏さとパスキャッチ力が必要とされる。非常に高い運動能力が求められる。

スピード
★★★★☆☆
パワー
★★★★★☆
スタミナ
★★★
タイトエンド(TE)タイトエンドの位置

オススメ記事:アメフトの試合で使える!?必殺ブロック10選とルール解説

センター – オフェンスライン(C)

主な役割

プレイ開始の合図であるスナップを担い、QBにボールを渡す。フィールドにいる選手の中で、プレイ前に唯一スクリメージラインに入り込んでよいポジションである。ランプレイ時にはブロックをして道を切り開き、パスプレイ時にはパスプロテクションをしてQBを守る。

適正

正確なスナップができる技術はもちろんのこと、スナップ後にすぐにブロックできる俊敏性と器用さが求められる。巨漢なディフェンスラインを相手にするので、強靭なパワーが必要だ。また、ディフェンスの配置に応じて、オフェンスラインにブロックの指示出しをすることもあるので、機転がきく頭の良さも求められる。

スピード
★☆☆☆☆☆
パワー
★★★★★★
スタミナ
オフェンスライン(OL)センターのポジション

オススメ記事:アメフトの試合で使える!?必殺ブロック10選とルール解説

ガード – オフェンスライン(G)

主な役割

ランプレイ時にはブロックをして道を切り開き、パスプレイ時にはパスプロテクションをしてQBを守る。オープンサイドを攻めるランプレイ時には、プルアウトしてリードブロックをすることもある。

適正

巨漢なディフェンスラインやブリッツしてくるラインバッカーを相手にするので、強靭なパワーが必要である。また、オープンプレイ時には、プルアウトしてリードブロックするため、オフェンスラインの中で最もスピードが求められる。

スピード
★★☆☆☆☆
パワー
★★★★★☆
スタミナ
★★★
アメフト ガードガードのポジション

オススメ記事:アメフトの試合で使える!?必殺ブロック10選とルール解説

タックル – オフェンスライン(T)

主な役割

ランプレイ時にはブロックをして道を切り開き、パスプレイ時にはパスプロテクションをしてQBを守る。パスプロテクションのときは、1対1でディフェンスラインとマッチアップすることが多い。

適正

ランプレイ時は、オフェンスチームの中心となってディフェンスを押し込んでいく。また、パスプロテクション時は、オフェンスラインの壁となりQBを守るために鉄壁なポケットをつくれる力強さが求められる。特にQBの効き手と逆サイドはQBにとって死角となるので、逆サイドのタックルはチームで最も強い選手が配置されることが多い。

スピード
★☆☆☆☆☆
パワー
★★★★★★
スタミナ
★★
アメフト タックルタックルのポジション

オススメ記事:アメフトの試合で使える!?必殺ブロック10選とルール解説

アメフト オフェンスのフォーメーション

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!