NFL史上の最重量選手とは!?怪物と呼ばれた歴代の最重量選手トップ3

SELECTION(セレクション)

アメフトの最高峰NFLには、ずば抜けた体格と身体能力を持ち備えた選手がたくさん存在する。その中でも、最も身体の大きい最重量選手とは一体どれほどのサイズ感なのでしょうか?想像を絶するNFL選手の図体をご紹介。

第3位 ダーリック・フレッチャー(T)

ダーリック・フレッチャー

NFL Photos/Getty Images

  • 身長 198センチ(6-foot-6)
  • 体重 169.6キロ(374ポンド)

1999年にドラフト5巡目でニューイングランド・ペイトリオッツからドラフト指名されたダーリック・フレッチャー選手。40ヤード走では5.2秒というラインの中では速い方である脚力を持ちつつ、圧倒的な体格を武器にオフェンスタックルとして活動。

第2位 マイク・ウィリアムズ(T)

マイク・ウィリアムズ

Win McNamee/Getty Images

  • 身長 198センチ(6-foot-6)
  • 体重 170キロ(375ポンド)

2002年にドラフト4巡目で、バッファロー・ビルズからドラフト指名を受けたマイク・ウィリアムズ選手。40ヤード走は5.3秒、垂直跳びは約76センチである。オフェンスラインの平均的な機動力であるが、体格はずば抜けているといえる。

第1位 アーロン・ギブソン(T)

アーロン・ギブソン

Brian Bahr/Getty Images

  • 身長 198センチ(6-foot-6)
  • 体重 175キロ(386ポンド)

1999年にデトロイト・ライオンズからドラフト1巡目で指名された期待の星アーロン・ギブソン。NFL界でもっとも体重の重たい選手として有名になり、ドラフトでも注目の的となった。40ヤード走は5.35秒であり、この体格からすると素早い動きが可能なアーロンは、ライオンズ、カウボーイズ、ベアーズとNFLチームを渡り歩き、度重なる怪我の上に引退した。

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!