アメフトの得点の種類と点数のルールを紹介

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールは、陣取り合戦であるため、相手の陣地に攻め込むことで得点を獲得することができる。アメフトの得点には、5つのパターンがあるので、それぞれについて紹介する。

タッチダウン6点

アメフト タッチダウン

タッチダウン(Touch Down)とは、相手の陣地に攻め込みプレーによってエンドゾーンに到達することである。ラグビーと違い、ボールは地面に着地させる必要はなく、ボールがエンドゾーンにさしかかった時点でタッチダウンが認められるため、エンドライン上にボールがさしかかったタイミングで得点を獲得できる。

ポイントアフタータッチダウン(キック)1点

ポイントアフタータッチダウン

タッチダウン後には、必ずもう一度だけゴールを狙うチャンスが与えられる。それをポイントアフタータッチダウン(Point After Touchdown)と呼び、オフェンスはプレイかキックのどちらかで攻める。ポイントアフタータッチダウンをキックで得点した場合は、追加で1点を得ることができる。

 

ポイントアフタータッチダウン(プレイ)2点

アメフト ポイントアフタータッチダウン

タッチダウン後のポイントアフタータッチダウンをプレイで得点した場合は、追加で2点を得ることができる。

フィールドゴール3点

アメフト フィールドゴール

フィールドゴール(Field Goal)とは、タッチダウンが狙えない時にキックでゴールを狙うことを意味する。相手の陣地に攻め込むも、タッチダウンできないがキックならゴールに届くと判断したときにフィールドゴールを選択する。キックしたボールがゴールポストを通過したら3点を獲得できる。

参考:フィールドゴールとは?3点獲得する大事な一手

セーフティ2点

アメフトのセーフティ

オフェンスのぼーるキャリアが自陣のエンドゾーン内でタックルされると、オフェンス側に2点が入る。ディフェンス側からしたら、敵陣で相手を潰したことになるので、ディフェンスに得点が加算される仕組みだ。このセーフティは、非常に希に起こる。

参考:セーフティとは?試合の流れを変えるゴール間際のせめぎ合い

アメフト タッチダウン

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!