アメフトのフィールドの作り方!試合のコートに関する知識を徹底解説

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールは、ラグビーやサッカーのような大きなフィールドを用意する必要がある。獲得するヤード数によって試合進行が左右されるアメフトでは、気をつけるべきポイントがあるため、フィールドのルールについてご紹介。

フィールドの大きさ(サイズ)

以下は、アメリカンフットボール公式規則で定められているフィールドのサイズである。数字の単位はフィートで示されおり、括弧内はメートル表記である。

アメフト フィールドの作り方

フィールドの長さ(距離)

フィールドの長さは、全長120ヤード(11om)である。この長さは、エンドゾーンも含むフィールドの長さであり、実際にフィールドをつくる際は、エンドゾーンの奥にも余裕をもったスペースがある方が望ましい。(障害物などがあると選手がぶつかる危険があるため)

フィールドの横幅

フィールドの横幅は、53.33 ヤード (48.76 m) である。

フィールドの面積

全長120mと横幅約49mを踏まえて算出すると、フィールドの面積は5,390m2となる。チームエリアやエンドゾーン奥のスペース確保を髪すると5,390m2以上の面積があるコートである方が望ましい。

フィールドのエンドゾーン

エンドゾーンは、ゴールラインとエンドラインで構成されており、10ヤード(9.14 m) の長さと53.33 ヤード (48.76 m) の幅である。

アメフト用語の意味 – エンドゾーン(ゴールラインとエンドライン)とは?タッチダウンを決める場所

パイロン

4インチ(10cm)四方で、高さ18インチ(46cm)の角柱状の柔軟なパイロンが必要である。色は、赤またはオレンジ色でなければならない。サイドラインと、ゴールラインおよびエンドラインの交差部8ヶ所の角の内側に立てる。このパイロンは、タッチダウンの可否を判断するためのものであり、ボールを持ったキャリアがパイロンに触れたらタッチダウンとなる。

アメフトのパイロン

ハッシュ

ハッシュとは、フィールド中央引かれたサイドラインと垂直の2本の線である。役割としては、1ヤード間隔を示す目盛りである。両ハッシュ マーク上またはその間からスナップされなければならないというルールがあり、ハッシュマークの外側でボールデッドとなった場合、次のプレイはいずれか近いほうのハッシュマーク上から開始される。

ハッシュマーク

なお、フィールドの中央にあるのがハッシュマークであるのに対して、サイドラインにあるのがヤードラインである。どちらも、24インチ(61cm)の長さで引かれている必要がある。サイドのヤードラインは、サイドラインから4インチ(10cm)離さなければならない。

 

フィールドのライン

フィールドのラインは、幅が10センチである必要がある。(サイドラインとエンドラインは、10センチ以上でもOK)

サイドライン

サイドラインは、フィールドの両サイドのエンド ラインからエンド ラインに引かれ、フィールドオブ プレー(両サイドラインと両ゴール ラインの内側の領域)とアウト オブ バウンズの区域を隔てるラインである。

ゴール ライン

ゴール ラインは、フィールド オブ プレー(両サイドラインと両ゴール ラインの内側の領域)の両端にあり、タッチダウンを決定するラインである。両ゴール ライン間は、100ヤードである。

エンド ライン

エンド ラインは、両ゴール ラインの後方10ヤードに両サイドラインを結んで引かれ、エンド ゾーンとアウト オブ バウンズの区域を隔てるラインである。

境界線

境界線は、サイドラインとエンド ラインである。境界線で囲まれた区域は「インバウンズ」である。その区域の外側と境界線自体は「アウト オブ バウンズ」である。

制限線

制限線は、キックオフ時のチームの並び方を制限する垂直な面の一部である。キック フォーメーションでは、キック チームの制限線はボールがキックされる地点のボールの最先端を通るヤード ラインであり、レシーブ チームの制限線はその地点から10ヤード前方のヤード ラインである。キックオフ時のキック チームの制限線は自陣の35ヤード ラインであり、セイフティ後のフリー キックの制限線は自陣の20ヤード ラインである。

ヤード ライン

ヤード ラインは,エンド ラインと平行なフィールド オブ プレーのすべてのラインをいう。チームのゴール ラインから50ヤード ラインまで連続的に番号が付けられている。

ハッシュ マーク

2本のハッシュ マークは、サイドラインから内側へ60フィート(18.29m)の位置に引かれる。ハッシュ マークは、長さ24インチ(61cm)である。

9ヤード マーク

9ヤード マークは、10ヤード(9.14m)毎に、サイドラインから9ヤード(8.23m)の地点に引かれる長さ12インチ(30cm)のマークである。9ヤード マークは、ヤード ラインの標示数字(何ヤードかを示す数)が設けられている場合には引かなくてもよい。以下の左図は数字を記載する場合であり、右図は9ヤードマークの例である。

9ヤードマーク

出典:https://www.mhsaa.com

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!