アメフトでタックルを上達させるための練習法3選(タックルドリル)

SELECTION(セレクション)

アメフトのタックルは、頭ではわかっていてもすぐに実践できるものではない。反復練習をして体に覚えさせて試合でキレの良い強いタックルができるように準備しておく必要がある。このページでは、上手いタックルができるようになるための3つの練習方法(タックル ドリル)をご紹介する。

タックルドリル

One-on-One Drill(ワン・オン・ワン ドリル)

タックルドリルその1

タックル自体のクオリティを高めるための練習法。いざタックルをする際に、相手の瞬間的な動きに対応して、確実なタックルをできるようにする必要がある。タックルのコツを実践しながら、メンタルとフィジカルともに鍛えることができる練習である。5ヤード四方に枠を作り、その中で1対1でタックルを実行する。タックル側の枠を超えたらキャリアの 勝ち、両サイドラインやキャリア側の線を超える、もしくは枠内でキャリアを倒したらタックルの勝ちということになる。

Inside-Out-Drill(インサイド・アウト ドリル)

タックルドリルその2

ボールキャリアとの距離の詰め方を身につけるための練習法。自分とボールキャリアとの間に距離がある場合、最短距離で確実にボールキャリアとの距離を詰めるか(どのようにパシュートするか)が重要である。「自分の内側を抜かれてはいけない」という鉄則があるなかで、内側(Inside)から外側(Outside)に着実に追い込みながらタックルにもっていくまでの流れを練習できる。特に、LBやDBが中心となって鍛えるべき練習だ。

Adjust Drill(アジャスト ドリル)

タックルドリルその3

ボールキャリアの動きに対応するための練習法。どのコースに走ってくるかわからないボールキャリアに対して、自分の体を追いつかせるための反応力を鍛えることができる。例えば、フルバックがダイブなどインサイドのプレイで攻めてきた際に、どの穴から飛び出してくるかわからない場面がある。そんなときに、どこから出てきてもしっかりと体が反応できるようにするためにこの練習は活かせる。

アメフト ハードタックル gif

ぜひ、タックルの練習を繰り返して、一発で仕留められる強いタックルができるようにしましょう。

アメフト タックル

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!