アメフトの費用は総額いくらかかるの!?入部前に知っておきたいお金事情

SELECTION(セレクション)

アメリカンフットボールは、お金がかかるスポーツって聞いたけど本当なの?そんな声にお答えするためにアメフトに実際いくらの費用がかかるのかをお届けする。各部活や活動内容によっても異なるが、新しくアメフトに挑戦しようという方に参考にしていただきたいと思う。

新入生のアメフト費用はおよそ年間25-45万円

アメフトを大学で行う場合は、防具費・部費・合宿費・遠征費・保険・雑費がかかる。防具(ジャージ含む)には6-12万円、部費は月間5千円-2万円、合宿費は一回あたり8-12万円、遠征費用は年間1-3万円、保険は年間1-2万円、雑費(登録費など)は2万円ほどがかかるのが平均といえる。もちろん、入部する大学に応じて部費も異なる上に、年間の活動内容に応じて合宿や遠征費なども異なってくる。お金の心配がある方は、入部前にアメフト部の先輩にヒアリングしてみよう。事前に確かめて無理のない大学生活を送れるようにお金のシミュレーションをしてみることがオススメだ。

参考:アメフトをするために絶対に用意しないといけない防具の一式

アメフトにかかる費用の内訳は以下の通りである。

内訳費用
防具(ジャージ含む)6-12万円
部費月間5千円-2万円
合宿費一回あたり8-12万円(場所によっては大きく変動)
遠征費年間1-3万円(場所によっては大きく変動)
保険料年間1-2万円
雑費(登録費など)年間2万円前後

この内訳で多くお金がかかる項目のポイントは抑えられているが、先述の通り、部活や活動内容によって大きく変動することもあるため、参考程度にしていただきたい。

2年目以降の費用はおよそ年間20-35万円

2年目以降は、防具・ジャージや登録費などの初動の固定費がかからないため、その分必要なお金は安くなる。しかし、部費や合宿費などの費用はかかる上に、ソックスやスパイクなどの消耗品に対する費用もかかるためにある程度の出費は意識しておく必要がある。

 

お金を上手く使うための4つのヒント

卒業した先輩から防具・装備を譲り受ける

アメフトの防具は、費用は高いが長く使える耐久性がある。卒業した4年生やOBからショルダーパッドなどを譲ってもらうことで、数万円は浮かせることができる。また、最近ではフリマアプリのメルカリジモティーなどでもアメフト関連の商品が出店されているので狙い目かもしれない。しかし、ヘルメットなどの大事な部分を守る防具は自分の身体にしっかりと合ったものを購入することがオススメだ。

オフシーズンに集中してバイトをする

アメフト部員は、かなりの割合でバイトをしている。もちろん部活によっては、シーズン中にもできるが、オフシーズン中に集中的にバイトをすることも可能だ。アメフト部OB紹介のバイトがあることもあり、そのようなバイトは部活動への理解もあるので、ある程度融通が効いて良いだろう。

奨学金制度を利用する

大学独自の奨学金や部活独自の奨学金など、所属する組織によって様々な奨学金が設けられていることがある。無利子のものも有利子のものもあるが、自分の経済状況に応じては、奨学金制度を利用するのも一つの手だといえる。

怪我をしないように用心する

怪我は、チームの戦力を大きく欠いてしまうだけでなく、経済的にも無駄を生んでしまう。怪我の医療費は保険が適用されるとしても、通院のための交通費などがかかる。また、怪我が理由で部活動がしっかりとできない中で、部費を払い続けないといけないため、割に合わない部活動生活になりかねないので注意が必要だ。

アメフトの費用

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!