アメフトの試合で奇跡を生む「へイルメリーパス」とは!?GIF動画付きで解説

へイルメリーパスの(Hail Mary Pass)意味

アメリカンフットボールのヘイルメリーパスとは、試合終盤に、負けているチームが、一か八かの神頼みを込めて、タッチダウンによる逆転を目指して行うプレイである。

ヘイルメリーパス gif

 

へイルメリーパスの語源

Hail Mary を直訳すると、「聖母マリアが降ってくる」という意味であり、神頼みという局面を反映したネーミングといえる。ヘイルメリー、ヘルメリなどと略されることもある。

NFLさん(@nfl)がシェアした投稿

へイルメリーパスの成功率

ヘイルメリーパスは、一か八かの賭けのパスプレイであるが、実際の成功率はどれほどなのだろうか。2001年から2011年に渡るNFLの223のプレイにもとづいて集計されたデータを共有する。

ヘイルメリーパスの成功率

出典: Advanced Football Analytics

参考:Hail Mary Probabilities(英語)

左の縦軸がタッチダウンの成功率を示しており、右の横軸がプレイ開始時のゴールまでのヤード数を示している。ご覧いただいて分かるとおり、ゴールまで20ヤードを超えると一気にタッチダウン成功率が下がる。ゴールまで40から90ヤードほどの距離がある場合、ヘイルメリーパスを実施しても成功率は3%以下であると読み取れる。成功率は極めて低いので、試合最後の賭けとしてヘイルメリーパスを使うことが鉄則だ。

アメフトのヘイルメリーパス