NFLのシーズン開幕からスーパーボウルまでの流れとは?NFLの仕組み(システム)を紹介

ハドルマガジンのバナー(記事上)

NFLはアメフトのプロリーグとして人気を博しており、頂上決戦であるスーパーボウルには多くの注目が集まる。そんなスーパーボウルまでには、熾烈な勝負が繰り広げられる見逃せない局面があるため、NFL全体の仕組み(流れ)についてご紹介。

NFLの流れ(仕組み)

NFLの流れ

  1. レギュラーシーズン(9月上旬-1月上旬)
  2. プレイオフ(1月上旬)
  3. スーパーボウル(2月上旬)

① レギュラーシーズン(総当たり戦)

NFLのAFCとNFCの図

出典:firstorderhistorians.com

NFLには、全32チームが所属しており、AFCとNFCの2つのカンファレンスに別れている。さらに、北・南・東・西の4つの地区に分別されているのだ。

レギュラーシーズンでは、各チームが16回の試合を行い、まずは地区の優勝を目指す。つまり、地区優勝(4チーム中の優勝)を目指すのがレギュラーシーズンといえる。

レギュラーシーズン中の試合相手の決定方法は、以下の通りである。

  • 同地区内の3チームとホーム&アウェイで1試合ずつ(計6試合)
  • 同カンファレンス内の特定の地区*の4チームと1試合ずつ(計4試合)
  • 他カンファレンス内の特定の地区**の4チームと1試合ずつ(計4試合)
  • 前年の成績により、カンファレンス内の2チーム***と対戦(計2試合)
    *1年ごとに特定の地区は変わっていく(3年周期)
    **1年ごとに特定の地区は変わっていく(4年周期)
    ***その年に対戦しない同カンファレンス内の2つの地区から、前年度に同じ順位で終えたチームと対戦

② プレイオフ(トーナメント戦)

レギュラーシーズンが終了すると、AFC、NFCの各カンファレンスそれぞれにおいて、「各地区優勝4チーム+ワイルドカード2チーム」によるプレイオフがトーナメント形式で行われる。

各対戦はレギュラーシーズンの成績に応じて決められる。具体的には、以下の通りである。

NFLのプレイオフトーナメント表
第1シード地区チャンピオンの中で勝率1位のチーム
第2シード地区チャンピオンの中で勝率2位のチーム
第3シード地区チャンピオンの中で勝率3位のチーム
第4シード地区チャンピオンの中で勝率4位のチーム
第5シードワイルドカードのうち勝率が高いチーム
第6シードワイルドカードのうち勝率が低いチーム

オススメ情報NFLのワイルドカードとは?トーナメントに参加する特別枠

NFL にはワイルドカードとして、各カンファレンスにそれぞれ2つの特別枠が設けられている。各地区チャンピオンを除いた勝敗ランキングで、各カンファレンスの上位2チームがワイルドカードとしてプレイオフに参加できる制度である。

③ スーパーボウル(決勝戦)

スーパーボウルは、NFL全体の頂上決戦である。9月-12月のレギュラーシーズン、1月のプレイオフを勝ち上がったAFC・NFCそれぞれの優勝チームがスーパーボウルで戦うこととなる。

スーパーボウルは、2月第1週の日曜日に開催される。

NFLのスーパーボウル

アメリカでのスーパーボウル人気は絶大で、TVの視聴率も軒並み40%を越え、視聴者数では約1億3千万人以上と、国民の2人に1人が生で観戦していることとなる。

ハドルマガジンのバナー(記事下)
NFLの対戦カード