NFLの黒人と白人の割合とは!?アメフトのポジション毎に差が出る人種の違い

SELECTION(セレクション)

NFLはアメリカのスポーツであり、アメリカ社会に代表される「人種のるつぼ」のようにNFLのフィールド上でも、黒人白人問わず活発にプレイをしていることがわかる。そんなNFL界でもデータにすると予想とは少し異なる傾向がわかる。(あくまでも人種的な違いを見極めるためのデータであり、人種差別を示唆するための分析ではないのでご留意いただきたい。)

NFLの黒人と白人

NFLの黒人の割合は全体の70%

HUFFPOSTのレポート(英語)によるとNFL全体に占める黒人選手の割合は、70%にものぼるといわれている。アメリカ人のたった6%が黒人であるという現状に照らし合わせると、NFLで活躍する黒人選手の割合は圧倒的に高いことがわかる。

NFL 黒人選手

ポジション別の白人と黒人の割合

オフェンス編

黒人選手と白人選手の比率(オフェンス)

出典:theundefeated.com

オフェンスラインのセンターとクォーターバック(QB)は80%以上が白人選手であることがわかる。その一方で、バックスといわれるランニングバック(RB)とワイドレシーバー(WR)では80%以上が黒人選手である。その他のタイトエンド、タックル、ガードはそれぞれ同じ割合で分散している。

ディフェンス編

黒人選手と白人選手の比率(ディフェンス)

出典:theundefeated.com

ディフェンスでは、全体の80%以上が黒人選手で構成されているといわれている。ポジションごとにみても黒人選手の方が圧倒的に多く、コーナーバックに限って99%以上が黒人選手である。陸上でも黒人選手の活躍がめだつように、俊敏性、跳躍力、持久力など生まれ持っている運動能力が高いことが原因と考えられる。

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!