身長が低くてもアメフトはできる!低身長でも活躍できるポジション5選

SELECTION(セレクション)

アメフトは身体と身体のぶつかり合い。身長が低いと損であるように感じるが実際はどうなのだろうか?NFLのデータをもとに身長が低くても活躍できるポジションをご紹介。

アメフト 低身長

NFL選手のポジション別の平均身長

アメフトの最高峰であるNFLのポジションごとの平均身長のデータにもとづいてグラフ化。以下のように平均身長がポジションごとに大きく異ることがわかる。

NFL選手 身長

身長が低くても活躍できるポジションTop5

NFLのアスリートであっても低身長の選手はたくさん存在する。以下の5つのポジションの平均身長は、アメリカ人の成人男性の平均身長178cmほどしかない。つまり、日本のアメフトに置き換えると、日本人の成人男性の平均身長といわれる170cm前後でも十分に活躍できるポジションといえる。

ランニングバック(RB)

ランニングバックに求められるのは瞬発力と突破力である。インサイドのプレイなどでは、むしろ身体が小さいほうがタックルを回避しながら突破しやすいメリットがある。

(ポジション紹介:ランニングバック

セーフティ(S)

セーフティは、ディフェンスの最後の砦であるため、何があっても自分で阻止できるだけの機動力が必要である。背が高いほうが全体を俯瞰しやすいが、身長は必要条件ではないといえる。

(ポジション紹介:セーフティ

コーナーバック(CB)

コーナーバックは、レシーバーについていけるだけの俊敏さが求められる。もちろん、背の高いレシーバーとマッチアップする際は背が高い方が好ましいが、跳躍力やアジャスト力でカバーできるので低身長でも気にする必要はない。

(ポジション紹介:コーナーバック

キッカー(K)

キッカーは、タックルやブロックなどに触れる機会が最も少ないポジションの一つであるため、身長などの身体的な問題には左右されない。強い精神力とキックの正確性という技術で勝負できるポジションだ。

(ポジション紹介:キッカー

リターナー(R)

リターナーは、ランニングバックと同じ理由で低身長でも問題ない。特にキックのリターンでは走るコースが明確にあるわけではないため、選手たちが密集するコースを突破していく力が必要である。身長が低い方が、密集地帯を突破しやすく、かつディフェンス選手を撹乱させたりもできるので強いともいえる。

(ポジション紹介:リターナー

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!