アメリカンフットボールの審判団7人のポジションと役割を一挙大公開(オフィシャル編)

SELECTION(セレクション)

アメフトは試合展開のバリエーションが多く、一つのプレイにおいても同時多発的に様々な動きが発生するため、試合進行に審判団(オフィシャル)は欠かすことができない。そんな審判団は7人で構成されており、それぞれのポジションと役割を一挙大公開する。

アメフト 審判団

レフリー(Referee)

審判団の主審を務め、ゲーム運営の最終決定を判断する。目印のために、レフリーのみ白い帽子を被っている。

ポジション

オフェンスサイドのスクリメージラインから10-12ヤード離れた地点でジャッジをする。QBからボールの動きをじっかりと判断するため、QBが右利きなら右側、左利きなら左側に少しずれている。

レフリーの位置

主な役割

  • 試合のペースを保つ
  • 反則のシグナルを出す
  • オフェンスの選手の数を数える
  • 最終的な意思決定を行う

ランプレイ時の役割

  • スナップを観る
  • キャリアにボールが行き渡るまでQBに付いていく
  • ボールキャリアに注目し、ボールの進み具合を把握する
  • ボールがダウンした位置とファーストダウンしたか否かを判断する

パスプレイ時の役割

  • ドロップバックからボールを離すまでQBを目で追う
  • それと同時にオフェンスタックルにも目を配る
  • ディフェンスが近づいてくるQBのみに注意を払う
  • ラフィングザパサーがないかをチェックする
  • インテンショナルグラウンディングがないかをチェックする
  • ボールを確保できなかった場合、ファンブルかパス失敗かを判断する

キックオフやパント時の役割

  • キッカーやパンターに対するラフィングザキッカーとイリーガルコンタクトがないかを確認する

参考資料:アメリカンフットボール審判のシグナル(ジェスチャー)一覧

アンパイア(Umpire)

レフリーに次ぎ、副審のような役割を担う。

ポジション

ディフェンスサイドのスクリメージラインから10-12ヤード離れた地点でジャッジをする。ちょうどレフリーの反対側に位置する。*NFLでは、危険性を加味してオフェンスサイドのQBを中心にレフリーと反対側に位置する。

アンパイアの位置

主な役割

  • タイムアウトの数・得点を記録する
  • ホールディングやブロックに反則がないかを確認する
  • オフェンスの選手の数を数える

ランプレイ時の役割

  • スナップ前のオフェンスラインのフォルススタートがないか確認する
  • スナップ後はスクリメージ上でブロックの反則がないかチェックする

パスプレイ時の役割

  • スナップ前のオフェンスラインのフォルススタートがないか確認する
  • スクリーンパスの時にレシーバーになる選手が走り抜けるルートがあるかを確認する
  • ブロックの反則がないかチェックする

キックオフやパント時の役割

  • 反則行為がないかを確認する

 

ヘッドラインマンズ(Head Linesman)

ポジション

サイドラインかつライン・オフ・スクリメージの線上に位置する。

ヘッドラインマンの位置

主な役割

  • ライン・オフ・スクリメージを見渡す
  • チェーンクルーに指示を出す
  • オフサイドとエンクローチメントの反則をチェックする
  • 自身が位置するサイドライン上のルールに従っているか確認する
  • オフェンスの選手の数を数える
  • レフリーに今何ダウンかを伝える

ランプレイ時の役割

  • オフサイドとエンクローチメントをチェックする
  • ボールキャリアがアウトオブバウンズしたか否かを確認する
  • ボールキャリアが前進した地点を確認する

パスプレイ時の役割

  • 始めの7ヤードでレシーバーがディフェンスバックにイリーガルコンタクトをしていないかを確認する
  • 自分がいるサイドのレシーバーとディフェンスバックに注目し、パスインターフェアが発生していないかをチェックする

キックオフやパント時の役割

  • ライン・オブ・スクリメージに注目して、オフサイドとエンクローチメントが発生していないかを確認する
  • トリックプレイ時にブロッカーとディフェンダーに関する反則が発生していないかをチェックする

 

ラインジャッジ(Line Judge)

ポジション

ヘッドラインマンズと反対側で、サイドラインかつライン・オフ・スクリメージの線上に位置する。

ラインジャッジの位置

主な役割

  • ライン・オフ・スクリメージを見渡す
  • オフサイドとエンクローチメントの反則をチェックする
  • 自身が位置するサイドライン上のルールに従っているか確認する
  • オフェンスの選手の数を数える
  • 試合の時間を管理する

ランプレイ時の役割

  • オフサイドとエンクローチメントをチェックする
  • ボールキャリアがアウトオブバウンズしたか否かを確認する
  • ボールキャリアが前進した地点を確認する

パスプレイ時の役割

  • 始めの7ヤードでレシーバーがディフェンスバックにイリーガルコンタクトをしていないかを確認する
  • 自分がいるサイドのレシーバーとディフェンスバックに注目し、パスインターフェアが発生していないかをチェックする
  • パスをする選手がライン・オフ・スクリメージより手前で投げているかを確認する

キックオフやパント時の役割

  • パント時にライン・オフ・スクリメージにいながらキック前にラインの両脇の選手がダウンフィールドに下がっているかを確認する
  • キックチームの反則全般を確認する

 

フィールドジャッジ(Field Judge)

ポジション

ライン・オブ・スクリメージからディフェンスサイドに20ヤードほど離れ、ラインジャッジと同じサイドに位置する。

フィールドジャッジの位置

主な役割

  • レシーバーがホールディングなどの反則をしていないかを確認する
  • レシーバーをカバーするディフェンスバックの反則をチェックする
  • ディフェンスの選手の数を数える

ランプレイ時の役割

  • レシーバーのブロックに反則がないかチェックする
  • 自身のサイドにプレイが展開されたらボールキャリアがアウト・オブ・バウンズになっていないかを確認する

パスプレイ時の役割

  • レシーバーがパスコースに出れるかを確認し、パスインターフェアが発生していないかをチェックする
  • 自身のサイドにプレイが展開されたらパスが成功したか否かを判断する
  • レシーバーがキャッチした際にアウト・オブ・バウンズか否かを確認する

キックオフやパント時の役割

 

サイドジャッジ(Side Judge)

ポジション

ディフェンス側のライン・オブ・スクリメージから20ヤードほど離れたヘッドラインマンズと同じサイドに位置する。

サイドジャッジの位置

主な役割

  • 時間管理のバックアップをする
  • 電子時計が上手く動作しないときは時間管理を担う
  • ディフェンスの選手の数を数える
  • 時計に従いレフリーに各クオーターの終わりを知らせる

ランプレイ時の役割

  • レシーバーがイリーガルブロックやホールディングをしていないか確認する
  • 自身のサイドにプレイが展開されたらアウト・オブ・バウンズでないかを確認する

パスプレイ時の役割

  • レシーバーがパスコースに出れるかを確認し、パスインターフェアが発生していないかをチェックする
  • 自身のサイドにプレイが展開されたらパスが成功したか否かを判断する
  • レシーバーがキャッチした際にアウト・オブ・バウンズか否かを確認する

キックオフやパント時の役割

  • パント時にリターナーや自身の周りの反則等を確認する
  • フィールドゴールとポイント・アフター・タッチダウンの時にディフェンスサイドに移動して主にライン・オブ・スクリメージ付近で反則が起きていないかをチェックする

バックジャッジ(Back Judge)

ポジション

ディフェンスの奥後方のライン・オブ・スクリメージからおよそ25ヤード地点のフィールド中央に位置する。

バックジャッジの位置

主な役割

  • タイトエンド(TE)やその周辺で反則が起きていないかを確認する
  • ディフェンスの選手の数を数える
  • プレイ開始前の40秒と25秒の時間を管理する

ランプレイ時の役割

  • タイトエンド(TE)のイリーガルブロックやその周辺におけるディフェンスの反則が起きていないかを確認する

パスプレイ時の役割

  • タイトエンド(TE)のイリーガルブロック等を確認する
  • レシーバーがパス成功したかどうかを判断する
  • ファンブルが発生したら、どちらのチームがリカバーしたかを判断する

キックオフやパント時の役割

  • フェアキャッチに関する反則を確認する
  • ゴールポストの下でフィールドゴールやポイント・アフター・タッチダウンのキックが成功したかを確かめる
アメリカンフットボールの審判団

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!