NFLのコミッショナーって何!?リーグ全体の最高責任者の役割をご紹介

SELECTION(セレクション)

NFLのファンであれば一度は聞いたことのある「コミッショナー」という言葉。リーグの重要な人物であることは想像できるが実際にコミッショナーが務める役割はどういったものであろうか?実際の実績をもとにコミッショナーの役割を解説する。

NFLのコミッショナー

コミッショナーの意味

コミッショナーとは、組織における最高の権限を有する責任者を意味する。NFLのコミッショナーは、National Football League (NFL)のトップにたって、リーグ全体の統制をとる最高権威者の役職である。現在のNFLコミッショナーであるロジャー グッデルは、年間40億円ほどの給料を得ているといわれている。

NFLのコミッショナーの役割

世界的にみても最も大きなリーグであるNFLのコミッショナーが有する権限は非常に高く、リーグ全体に関わる施策や決定などに対して深く関わりをもつ。以下、NFLのコミッショナーが実際に行ってきた例をご紹介する。

運営システムの構築・改善

試合時間の短縮やレギュラーシーズンの試合数増加を検討したりする。また、過去にはNFLヨーロッパの廃止を決める大きな決断をしたこともある。

選手の労働組合との交渉

選手の労働組合や審判と交渉をしてリーグ全体の運営コストを管理する。

メディアパートナーとの交渉

テレビやネットニュースなどのメディアパートナーと交渉をして、放映権などに関わる収入面に対して責任をもつ。

NFLの歴代コミッショナー

体育会 就活 

リクナビやマイナビだけじゃない!

就活中のアメフト選手向け

体育会限定の就職サイトがあるのをご存知でしょうか?たった1分の無料登録をするだけで、企業側からオファーが届きます。SECOND EFFORTでは、アメフト現役選手の就活を応援しています!